ウルトラスーパームーンの場所や時間は?スピリチュアルな力で願い事がかなう?地震のおそれもあり

11.122016

この記事は2分で読めます

こよなく月を愛してきた日本人。

 

江戸時代まで(正確には、明治5年12月2日・1872年12月31日)は、太陰暦を採用して、まさに月を中心に生活してきました。

 

さて、2016年11月14日、ウルトラスーパームーンが見られます。

 

ます、スーパームーンが何かというと、満月の時に、地球との距離が最接近して、月が最も大きく見えることです。

 

最も地球に近づいた状態で満月が観られるということで、貴重です。

 

今回は、そのスーパームーンに「ウルトラ」が付きます。

 

なぜかというと、68年ぶりの大きさになるからです。

 

大きさは14%増し、輝きは3割増します。

 

今回、見逃したら、もう死ぬまで観られないということになりますね。

 

ウルトラスーパームーンを100倍楽しむために、いろいろと調べてみました。

 

スポンサーリンク

ウルトラスーパームーンの場所や時間は?

ウルトラスーパームーンの時間は、2016年11月14日(月)、22時52分です。

 

20時21分に、月と地球が最接近します。

そして、22時52分に満月となり、ウルトラスーパームーンになります。

 

次は場所です。

 

南の方角に月が見えるので、暗く人気のない小高い丘などで、月見をしたら、輝きも増して、ロマンチックですよね。

 

ただ、肝心の天気が全国的に曇りや雨の予報になっています。

観られるかどうかが微妙なところが心配です。

 

ウルトラスーパームーンのスピリチュアルな力で願い事がかなう?

月は不思議な力を持つ、と昔から言われています。

 

満月の日は、そのパワーが最大になると言います

 

さらに、月と地球が最接近するとスパームーンになるということは、そのパワーは計り知れないものになるかもしれません。

 

特に、スーパームーンの日はこの金運パワーが最大になると言われます。

 

今回は、ウルトラスーパームーンなので、お金に関する願い事をすると、叶うかもしれませんよ。

 

ここまでは、ワクワクする話でしたが、不吉な話もあります。

 

ウルトラスーパームーンが地震を引き寄せる?

ウルトラスーパームーンが地震を引き寄せるという話があります。

 

月は、地球の引力にも大きな影響を及ぼしています。

地球と月、太陽の3つが直線で並ぶ満月は、引力は最も強くなります。

 

なんと、月と太陽の引力によって、地下の固い岩盤は30センチ程度浮き上がるそうです。

その引力そのものは、地震を引き起こすほどの力はないそうですが、地震が起こりそうになっている場所で、最後の一撃になる可能性はあるそうです。

その証拠に、東日本大震災発生から8日後の2011年3月19日がスーパームーンだったそうです。

 

死者33万人が予想される南海トラフ地震 が11月23日に起こるという予想もあるので、なんだか不気味です。

 

以上です。

 

吉凶入り乱れるウルトラスーパームーンですが、実際に鑑賞できれば、美しさと希望と不安を同時に味わいながら鑑賞できそうです。

 

古代から、人々を魅了してきた月。

 

2016年11月14日は、月をとても楽しめそうな気がします。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。