河村建夫は帰化韓国人なのか?息子や息子の嫁、娘は?豊田真由子の秘書パワハラを擁護で引退?

06.222017

この記事は3分で読めます

河村建夫元官房長官が問題発言をしました。

 

豊田真由子衆院議員のパワハラを擁護したのです。

 

豊田真由子は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加えるという、前代未聞の行為をしていました。

 

しかし、河村建夫は、豊田真由子が、離党届を提出したことについて、

「あれはたまたま彼女が女性だから、あんな男の代議士なんかいっぱいいる。あんなもんじゃすまない」

「秘書が、やり取りを録音して外に出すということは、何か意図がある。選挙選ではパワハラは普通、女性議員だからこうなったけど男の代議士なら当り前」

などと、パワハラを擁護する発言をしたのです。

 

政治家というのは、一般人とは感覚がずれておかしくなっているんでしょうか?

 

政治家はみんな秘書を人間扱いしなくて当然、と思っていると思えてしまいます。

 

河村建夫がどういう人間なのか、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

河村建夫は帰化韓国人なのか?

まず、河村建夫のプロフィールです。

 

kawamura-ta

 

名前:河村建夫(かわむら たけお)

生年月日: 1942年11月10日(74歳)

出生地: 山口県阿武郡三見村(現・萩市)

高校:山口県立萩高校

大学: 慶應義塾大学商学部

前職: 西部石油社員

所属政党: 自由民主党(二階派)
父は、元山口県議会議員の河村定一。
母は、萩女子短期大学名誉学長の河村とし子です。

 

ネットで、良く言われているのは、河村建夫が帰化韓国人ではないかという話です。

お決まりのパターンですね。

 

上に書いたように、父・母ともに日本人なので、間違いなく日本人です。

 

父が帰化人だったかどうか定かではありませんが、父も県議会議員だったことを考えると、地元の名士といった感じで、韓国人ということはないのではないでしょうか。

 

では、なぜそのように言われるかというと、韓国に対するスタンスにあります。

2007年11月8日に開催された、在日本大韓民国民団が主催する「永住外国人地方参政権の早期立法化を!」と訴える全国決起大会に、河村建夫は国会会期中にもかかわらず参加します。

「この問題に取り組んでいきたいのでここに来ました。私ども日韓議員連盟の合同総会では、やろうと決議していて、要望書をきちんと福田康夫総裁に渡し実現へ全力をあげることを強く求めていく。」と宣言しました。

 

他にも、

「在日韓国人の地方参政権問題は日本社会の成熟度を示すものだ」

といった発言があります。

 

経歴は華麗です。
1976年8月山口県議会議員
1988年6月山口県農業共済組合連合会長
1989年4月自民党山口県連政調会長
1990年2月衆議院議員
1993年9月自民党文教局長
1995年2月自民党文教副部会長
1995年2月自民党通信部会長代理
1995年10月自民党政調副会長
1996年1月法務政務次官
1996年11月自民党文教部会長
1999年10月文部総括政務次官
2000年12月文部総括政務次官
2001年1月文部科学副大臣
2002年1月衆院文部科学委員長
2002年10月文部科学副大臣
2003年9月文部科学大臣
2003年11月文部科学大臣(再任)
2006年9月自民党政調会長代理
2007年9月自民党広報本部長
2008年9月内閣官房長官・拉致問題担当大臣
2009年10月衆院懲罰委員長
2010年4月自民党選挙対策局長
2012年10月自民党選挙対策局長(留任)
2012年12月自民党選挙対策委員長
2015年1月自民党総務会長代理
2015年4月衆院予算委員長
2016年1月衆院議院運営委員長
2016年8月自民党地方創生実行統合本部長

 
スポンサーリンク



河村建夫の息子や息子の嫁、娘は?

息子は、河村建一。

 

kawamurakenniti

 

河村建夫の秘書をしています。

将来後継者するつもりでしょうね。

 

息子の嫁については、詳しい情報がありませんでした。

 

娘は河村直子。

 

kawamuranaoko

議員秘書を辞めて、株式会社ユイットアン、新しい化粧品ブランドQuona dwaie JAPANを設立。

 

河村建夫は豊田真由子の秘書パワハラを擁護で引退?

河村建夫は豊田真由子を擁護したことで、次の選挙は厳しいものになりそうです。

 

もともと、河村建夫は引退の可能性がありました。

自民党が70歳定年を原則にしているということもあります。

 

そこで、息子に地盤譲って議員を引退するのではないでしょうか?

 

以上です。

 

政治家というのは、パワハラをしても、何も感じない生き物なのかもしれませんね。

 

関連記事

豊田真由子が恫喝で辞職?最凶伝説とは?夫の職業や息子、娘も調査!

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。