小林銅蟲が結婚!嫁は彼女のかなえ!出会いや馴れ初めと画像は?

06.242017

この記事は2分で読めます

2017年6月25日、『ザ・ノンフィクション』に小林銅蟲(こばやしどうむ)が出演します。

 

2017年6月18日放送の続編ですね。

 

2017年6月18日放送の『ザ・ノンフィクション』では、彼女のかなえさんが紹介されていました。

 

そして、2017年6月25日の放送では、結婚しそうな勢いでした。

 

小林銅蟲の彼女のかなえさんについて、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

小林銅蟲が結婚!嫁は彼女のかなえ!出会いや馴れ初めと画像は?

漫画家・小林銅蟲を10年以上の引きこもりから救い出したのが、戸澤可奈恵さんでした。

 

戸澤可奈恵さんは、もともと小林銅蟲の漫画のファン。

 

出会いは、インターネット。

 

7年前のことでした。

 

小林銅蟲のインターネットでの連載漫画が800回になった時に、記念に嫁募集。

 

4通あった応募のうちの1通がかなえさんだったそうです。

 

かなえさんは映像制作会社のADをしていましたが、仕事に行き詰まっていて、心身ともにへこんでいたときに、嫁募集の文字を見つけて、応募したそうです。

 

初めてあったのは、市ヶ谷の駅だったそうです。

 

小林銅蟲は、当時、引きこもりが一番ひどい時期だったそうで、このままでは、せっかくの才能が消えてしまうと思ったかなえさんは、自分が住んでいるアパートに引き取ることを決心しました。

 
スポンサーリンク



 

小林銅蟲の両親にも名刺を渡して、共倒れにはならないと誓って、引き取ったそうです。

 

小林銅蟲の両親もお弁当を持たしたりしてくれたり、引っ越しの車を誘導してくれたりしたそうです。

 

両親も引きこもりだった自分の息子を愛してくれる人があらわれてうれしかったんだと思います。

 

かなえさんは、会社勤めをしながら、小林銅蟲の生活を支えています。

 

料理は小林銅蟲が担当し、経済的な部分をかなえさんが支えているそうです。

 

小林銅蟲は、かなえさんと出会ったことをきっかけに、引きこもりから脱出して、松浦だるまのアシスタントになり、イブニングで連載も持つことになりました。

 

小林銅蟲は、かなえさんに感謝しているそうです。

 

やはり愛の力は大きいですね。

 

kobayashidoumu2

一番手前の女性がかなえさんです。

 

ちょっと分かりにくいですね。

 

いつか漫画で食べられるようになったら、結婚したいと小林銅蟲は考えていたそうです。

 

現在、イブニングでも連載を持っていることだし、なんだか、結婚しそうな勢いですね。

 

以上です。

 

引きこもりから、復活して幸せになったらいいですね。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。