金スマ社交ダンスのロペスとは誰?大学や年齢や実力は?wikiをチェック!

07.202017

この記事は2分で読めます

2017年7月21日、『金スマ』で社交ダンス企画が放送されます。

 

日本代表選手権で勝ち抜いて、見事に世界選手権日本代表に選ばれたキンタローとロペス。

 

キンタローは有名ですが、ロペスはそうではありません。

 

ロペスがどんな人なのか、気になりますね。

 

ロペスについて、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

金スマ社交ダンスのロペスとは誰?大学や年齢や実力は?wikiをチェック!

ロペスのプロフィールです。

 

ropese

名前:岸 英明(きし ひであき)

愛称:ロペス

生年月日:1987年2月14日(30歳)

出身地:静岡県藤枝市

大学:千葉大学物理学科卒、千葉大学院物理コース修士課程修了

職業:お笑い芸人

趣味:筋トレイラスト

 

国立の千葉大学出身で、修士課程まで終えてるとは、なかなかのエリートですね。

大学時代に競技ダンス部に所属していて、社交ダンスをしていたそうです。

 

ちなみに、社交ダンスを始めた理由は、女の子がいたからだそうです。

理系で、男子校のような状態だったので、女の子がいるところにいたかったそうです。

 

気になる社交ダンスの実力は、

 

・関東大会優勝

・全日本学生競技ダンス選手権チャチャチャの部準優勝

・ラテンアメリカンアマチュアA級(E-JBDF)の資格保持者

 

と、相当な実力を持っていました。

 

しかし、勝てない時期は、本当に辛かったそうで、頭で考えることをやめて、ひたすら踊り続けることで乗り越えたそうです。

 

エリートで、社交ダンスもすごい。

なんで、お笑い芸人になったのか分からない人ですね。
スポンサーリンク



 

 

ロペスは、正式には、お笑いコンビ「ぱいんはうす」の岸英明(きしひであき)です。

 

何でお笑い芸人になったかというと、大学院を卒業した後、普通に就活してNTTの某IT企業に勤めていましたが、入社当初の新人研修からずっと「なんか違う」っていう違和感があって、3年やっておけば自信になると思って、3年やってすぐに辞めて、何をするかって考えた時に、

「お笑い芸人カッコイイじゃん!」

って思ってお笑い芸人になったそうです。

 

ネタの動画がありました。

相方の山口隼人がボケ担当。

ロペスこと岸英明がツッコミというコンビですね。

 

youtubeに公式チャンネルがあって、いろんな動画がアップされていますね。

 

M-1グランプリにも出場していて、2015年大会が1回戦敗退。

2016年大会が2回戦敗退となっています。

 

事務所に所属していないフリーの芸人みたいですね。

 

何でロペスと呼ばれるようになったかというと、金スマで中居くんが、

「横浜DeNAのロペスに似てる!」

と、言ったからです。

 

横浜のロペスはこちら。

 

ropese2

 

なんとなく、似ていますね。

 

以前、巨人にいたこともあるので、知っている人も多いのではないでしょうか。

 

野球好きの中居くんらしいあだ名ですね。

 

以上です。

 

「とにかく最強になりたい」という願望を持っているというロペス。

 

日本代表にまでなってしまったキンタローとロペスがこれからどうなっていくのか、注目ですね。

 

関連記事

金スマ社交ダンスのコーチ(先生)の女性は誰?塚田真美のプロフィール!結婚や身長や年齢は?

名越ペア(金スマ社交ダンス)のプロフィール!夫婦で子供や仕事や年齢は?

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。