浅野史郎の病気は?かつらだったのか?現在は神奈川大学教授!

07.252017

この記事は2分で読めます

2017年7月25日、『ミヤネ屋』で、浅野史郎前宮城県知事が、

「高須クリニックを悪徳クリニックだと言っても事実だから名誉毀損にならない」

と、発言。

 

それに対して、高須院長は、

「明確な名誉毀損です。

いまミヤネ屋さんに顧問弁護士から警告しました。

浅野史郎様から明日中にお詫びがなければ提訴します」

と、反論したことが話題になっています。

 

浅野史郎がどんな人なのか気になりますね。

 

浅野史郎について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

浅野史郎はかつらだったのか?

まず、浅野史郎のプロフィールです。

 

asanosirou

 

生年月日: 1948年2月8日(69歳)

出生地:岩手県大船渡市

高校:仙台第二高等学校

大学:東京大学法学部

 

浅野史郎は、東京大学法学部卒業後、1970年厚生省に入ります。

 

キャリア官僚ですね。

 

厚生省障害福祉課長、厚生省生活衛生局企画課長などを歴任した後、1993年11月に退職し、新生党・日本新党・さきがけ・社民連の推薦を受け宮城県知事選に立候補し初当選。

 

改革派知事として知られ、宮城県知事を3期勤めます。

 

2005年11月20日、任期終了にて知事職 を勇退。

 

浅野史郎はその髪型からかつらではないかという噂がありましたが、かつらではありません。

 

かつらだという噂が流れた理由は、もう一つあります。

 
スポンサーリンク




 

浅野史郎の病気は?

浅野史郎は知事勇退後は、慶応義塾大学総合政策学部教授などを務めていましたが、2009年5月にATL(成人T細胞白血病)を発症します。

 

成人T細胞白血病とは、幼少時に母乳を介し母親から感染したHTLV‐1 キャリアにのみ発症する白血病だそうです。

 

造血幹細胞移植を受け、2011年5月に復帰。

 

復帰後の画像がコチラ。

 

asanosirou2

 

急に髪の毛が抜け落ちていたので、浅野史郎はかつらだったという噂が流れたようです。

 

しかし、病気が原因で髪が抜け落ちたので、かつらではありません。

 

浅野史郎の現在は神奈川大学教授!

浅野史郎は、復帰して、慶應義塾大学を定年退職後、2013年4月から、神奈川大学教授に就任しました。

 

テレビにコメンテイターとしても出演しています。

 

2017年7月25日にも、コメンテイターとして、『ミヤネ屋』に出演したところ、冒頭の発言となったというわけです。

 

発言の賛否はさて置き、病気を克服して、精力的に活動しているのは、素直に尊敬しますね。

 

以上です。

 

高須院長は、

「明日中猶予を与えます。

詫びがなければ明後日提訴します。

僕も老人だから老人だからと容赦しません」

と、ツイッターで発言します。

 

明日以降、どうなっていくのか、注目ですね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。