佐藤栄一が選挙事務所開き!LRTの是非は?出身大学もチェック!

11.142016

この記事は2分で読めます

satoueiichi

 

任期満了に伴う宇都宮市長選が13日告示されました。

 

出馬したのは、無所属で自民、公明が推薦する現職の佐藤栄一(さとうえいいち)氏(55)と、無所属で民進、共産、社民が推薦する新人の金子達(かねことおる)氏(58)の2人です。

 

金子達氏については、コチラ

 

分かりやすく一騎打ちとなりました。

 

この選挙の最大の争点は、LRT(次世代型路面電車)です。

LRTを作るのか、作らないのかを決める選挙になるので、盛り上がりそうです。

 

4選を目指す現職の佐藤栄一について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

佐藤栄一の選挙事務所は?

佐藤栄一は宇都宮市駒生町に事務所を開設しました。

 

ホームページで住所、電話番号、FAX番号が公表されています。

 

〒320-0065
栃木県宇都宮市駒生町1288
TEL.028-600-6510
FAX.028-600-7467

 

佐藤栄一はLRT推進

「宇都宮LRT」が注目される理由は、約15キロメートルの線路をゼロから敷くという、軌道系交通としては近年例のない大規模事業だからです。

 

LRTについては、コチラ

 

佐藤栄一氏は、LRT推進派です。

2012年の市長選でも、LRT導入を公約として掲げ、3選を果たしています。

それ以来、LRTを推進してきました。

 

2016年1月、国土交通省に対して事業計画の認定を申請。

2016年9月に計画が認定されました。

 

2016年度内に着工し、19年12月の運行開始を予定。

総事業費は458億円。

 

LRTのメリットは、

 

・交通渋滞解消

・二酸化炭素(CO2)排出量の削減

・交通弱者の利便性向上

 

と、言われています。

 

交通弱者の利便性向上については、低床型車両でホームとの隙間をわずかにし、停車場にスロープを設置するなどして、高齢者や障害者にやさしい交通手段になるそうです。

 

高齢化で車の運転ができなくなる人がますます増えることが予想されるので、路面電車が見直されているのは、事実です。

 

最初に整備する優先整備区間は下のとおりです。

 

lrt

 

佐藤栄一氏は、

「LRTはNCC(ネットワーク型コンパクトシティー)を形成する大切な公共交通で、利活用して市の活性化を図りたい」

と、語っています。

 

佐藤栄一の出身大学は?

佐藤栄一氏のプロフィールを紹介します。

 

名前:佐藤栄一

生年月日:1961年10月5日

高校:栃木県立宇都宮南高等学校

大学:明治大学法学部法律学科卒業

家族:母・妻・二男一女

趣味:読書・ボランティア活動

座右の銘:「義をみてせざるは勇無きなり」、「雨好晴奇」(人生には雨の時が多い、それに耐えられる強い人間になれ)

 

宇都宮市長になる前は、父親の跡を継いで、北関東観光開発株式会社(新宇都宮カントリークラブ)の経営などを行っていたそうです。

 

以上です。

 

佐藤栄一氏が勝って、すんなりLRTの導入となるのか、金子達が勝って、LRTが中止となるのか、注目ですね。

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。