風見しんごの次女のwiki!現在はアメリカで学校は?

08.142017

この記事は2分で読めます

2017年8月14日、『結婚したら人生劇変!○○の妻たち』に、風見しんごの嫁・荒井晶子さんが出演し、沈黙を破って、長女の事故について、テレビ初告白します。

 

2007年1月17日、当時10歳の風見しんごの長女・大下えみるさんが、通学時、3トントラックにはねられ、病院に搬送された後、亡くなりました。

 

悲劇の事故から10年たった今、風見と妻がこれまで過ごした苦悩の日々を語ります。

 

さて、現在、風見しんごの子供で存命なのは、次女だけです。

 

どんな人なのか気になりますね。

 

風見しんごの次女について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

風見しんごの次女のwiki!現在はアメリカで学校は?

kazamisingo5

 

名前:大下ふみね
生年月日:2003年

 

ふみねさんは、2003年生まれ。

 

お姉さんのえみるさんは、1996年に生まれています。

 

幸せな生活を送っていたのですが、2007年1月17日、長女えみるさんを事故で亡くします。

 

ふみねさんは、当時まだ3歳だったそうですが、お姉さんのえみるさんが亡くなったことを理解しており、悲しんでいたそうです。

 

風見しんごの著書『さくらのとんねる』にそのように書いてあります。

 

翌年、母・尚子さんは妊娠します。

胎児は息子さんとわかり、ダウン症でした。

ふみねさんにとって弟ができるはずでしたが、残念ながら死産となってしまいます。

 

風見しんご一家の人生が、えみるさんの事故から暗転し、不幸が襲いかかってきました。
スポンサーリンク




現在14歳となった次女・ふみねちゃんはアメリカ・オレンジカウンティの高校に進学しました。

 

妻・尚子さんと2人で暮らしています。

 

父・風見しんごさんは、日本で芸能活動をしているので、別居ということになりますね。

 

きっかけは、なんと、長女・えみるさんの死にさかのぼります。

 

えみるさんとの別れから2週間後、風見しんごは明治座の舞台に立っていました。

 

楽屋で重い空気が漂う中、ふみねさんはムードメーカーになっていました。

 

親子で挨拶に向かったのが萩本欽一さん。

 

ふみねさんが、

「舞台に出たい」

という夢を話すと、萩本欽一さんは、

「これからは英語が話せないと駄目な時代がくる」

と、アドバイスしました。

 

ふみねさんは、このアドバイスを忘れておらず、2017年1月からの留学を決めました。

 

以上です。

 

風見しんごの子供で唯一存命のふみねさん。

亡くなった二人の分まで幸せになってもらいたいところですね。

 

関連記事

風見しんごの娘の事故の運転手は加藤雅也!犯人の裏事情は?現場の場所や状況は?

風見しんごの嫁は荒井晶子で年齢は?離婚で現在アメリカで別居?

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。