宇都宮のLRTの路線図とメリット!絶対反対の歌とは?ホンダが解決する?

11.182016

この記事は2分で読めます

宇都宮のLRT(次世代型路面電車)は、約15キロメートルの線路をゼロから敷くという、軌道系交通としては近年例のない大規模事業ということで、全国的な注目を集めています。

 

LRTとは、道路拡張や駐車場増設の余地のない市街地で、バスよりも輸送効率が高い交通手段として、長編成、速度向上、低床車両導入により新しくなった次世代型の路面電車のことです。

 

そんな、宇都宮のLRTについて、調べてみました。

スポンサーリンク

 

宇都宮のLRTの路線図

宇都宮LRTの路線図は以下のとおりです。

rosenzu

まず、宇都宮駅の東側を優先整備区間として、整備します。

平成28年度に着工予定。

平成31年12月の運行開始を予定。

総事業費は458億円です。

 

宇都宮のLRTのメリットは?

LRTのメリットは、

 

・交通渋滞解消

・二酸化炭素(CO2)排出量の削減

・交通弱者の利便性向上

 

と、言われています。

 

交通弱者の利便性向上については、低床型車両でホームとの隙間をわずかにし、停車場にスロープを設置するなどして、高齢者や障害者にやさしい交通手段になるそうです。

 

高齢者の交通事故が頻発しているように、高齢化社会になって、自動車主体の社会は限界を見せてきており、交通弱者に対する新しい対策が必要になってきているのは、事実です。

 

宇都宮LRTの反対の歌とは?

宇都宮LRTの反対の歌「LRT反対派のLRTもったいない音頭」というのが、youtubeにアップされているので、興味のある方は、調べてみてください。

動画を埋め込もうと思ったのですが、リクエストによる埋め込み無効でした。

 

LRTに反対派は、

 

・LRTの停留所まで行く方法がない

・1,000億円以上の事業費がかかる

・大通りを路線バスが走れなくなり、LRTへの乗り換えが必要になる。

・車が渋滞する

・運営費として、毎年10億円の税金の投入が必要

・民進党県連が今年5月、市民1千人に実施したアンケートで7割超が「LRTについて市民合意が得られていない」と回答した

・LRT事業費を地域包括ケアシステムづくりや子どもの貧困対策に回し、教育、医療、福祉を充実させる

 

と、いった主張をしています。

 

宇都宮のLRTをホンダが解決する?

ホンダの自動運転試験が、「市街地」想定で新段階に入ったことで、路面電車のように金のかかることをしないで、自動運転の自動車で事足りるし、そちらのほうが便利ではないかという意見があるようです。

 

ただ、実用化がいつになるのか分からないので、現段階では、現実的な解決策とは言えなそうですね。

 

以上です。

 

大規模事業だけあって、いろいろな意見が乱れ飛んでいるようですね。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。