アメイジングスパイダーマン2のグウェンの死因は?

08.252017

この記事は2分で読めます

2017年8月25日、金曜ロードショーで『アメイジング・スパイダーマン2』が放送されます。

 

この映画を観て、一番気になってしまうのは、グウェンの死因です。

 

助かったようにも見えて、何で死んだか分からないんですね。

 

アメイジングスパイダーマン2のグウェンの死因について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

アメイジングスパイダーマン2のグウェンの死因は?

グウェンはハリーに落とされて、地面に落ちるすれすれのところで、スパイダーマンが糸を出して、止めます。

 

死んだようにも、助かったようにも見えるシーンです。

 

しかし、グウェンは死んでいました。

 

映画では、死因がはっきりしません。

 

そこで、死因が気になってしまいます。

 

一番、あっさり考えると、グウェンは頭を打ち付けているように見えます。

 

後頭部を打ちつけていたから、脳挫傷という推測が成り立ちます。

 

あと、あり得るのは、糸を出して止めたといっても、かなりの高度が落ちているので、止めた瞬間に身体にかなりの負担がかかっていると思われます。

 

その負荷で、内臓破裂になった可能性があります。

 

この二つとも推測で、実際のところはっきりしません。

 

死ぬほどのダメージがあったと思えなかったですからね。

 

以上です。

 

制作が予定されていた『アメージングスパイダーマン3』では、グウェンが復活するという噂がありましたが、結局、中止となってしまい、実現しませんでした。

 

一度、死んでしまったグウェンがどんな風に復活するのか、興味がありましたが、打ち切りになってしまったので、分からずじまいです。

 

ただ、原作のマンガでは、グウェンに変わるヒロインとして、MJという女性が登場するので、本当にそうだったかどうかは分かりません。

 

どちらにしても、打ち切りになってしまったのは、残念ですね。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。