小室圭の実家のマンション名と画像は?どこなの?横浜市港北区大倉山?

09.032017

この記事は2分で読めます

2017年9月3日、眞子さまと小室圭さんの婚約内定発表記者会見が開かれます。

 

眞子さまとの交際が発表されてから、報道が過熱し、いろいろな情報があふれてきた小室圭さん。

 

小室圭さんの実家についても、いろいろと報道されました。

 

小室圭さんの実家について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

小室圭の実家のマンション名と画像は?どこなの?横浜市港北区大倉山?

小室圭さんは、父親を早くに亡くし、母親と祖父と3人で暮らしています。

 

実家の画像がコチラです。

 

komurokei7

 

マンション名は、「アークエルム大倉山Ⅱ」です。

 

場所は、横浜市港北区師岡町です。

 

東急東横線の駅から徒歩14分ほどだそうです。

 

近くの住民は、

「20年以上前に新築された際に入居したのではないか」

と、語っているそうです。

 

地元の不動産業者によると、

「当時の周辺の相場は約50平方メートルで4000万~5000万円」

だそうです。

 

小室圭さんの父親は、横浜市職員(建築吏員)だったが、勤務を休みがちだった状況ののちに自殺してしまいました。

15年前のことだったそうです。

 

ローンを支払うのは、大変だったかもしれません。

 

母親はケーキ屋(東京都目黒区の洋菓子店「マッターホーン」)勤務で家計を助け、小室圭さんも高校時代からアルバイトをして、実家を助けていました。

 

しかし、小室圭さんの中学・高校は、カナディアン・インターナショナルスクールに通い、授業料だけでも年間190万~200万円。

大学は、ICU(国際基督教大学)で、年間の学費約140万円のほか、寮から通っていたため、やはり年間200万円はゆうにかかっていたはずで、意外とお金はあったのかもしれませんね。

 

マンションの間取りの画像を見つけました。

 

komurokei9

 

間取りは、3DKですね。
スポンサーリンク




さて、実家脇に「ポリスボックス」が設置されたとの報道がありました。

 

komurokei8

 

ポリスボックスとは要人(政治家・皇室関係者)自宅前に、警察官と共に設置される電話ボックス型の簡易ボックスです。

 

小室圭さんは、これからますます注目されていくと思いますので、この状態がしばらく続くかもしれませんね。

 

以上です。

 

眞子さまと小室圭さんが幸せになるといいですね。

 

関連記事

小室圭のチャラい感じの画像や写真は?身長低い?

小室圭の職業は銀行員からの法律事務所アルバイト!弁護士を目指す?

小室圭の家柄は旧華族で旧男爵家?旧皇族?母の出身は?

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。