27時間テレビが生じゃない理由!収録では意味ないとの声!

09.092017

この記事は2分で読めます

2017年9月9日、フジテレビ『27時間テレビ にほんのれきし』が放送されます。

 

しかし、今年は例年とは、様相が異なり、生じゃない、ほとんどが収録で放送されます。

 

収録ということは、レギュラー放送とほとんど変わりがないことになり、『27時間テレビ』として、放送する意味がほとんどないことになりますね。

 

どうしてそうなってしまったんでしょうか?

 

27時間テレビが生じゃない理由について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

27時間テレビが生じゃない理由!

27時間テレビはどうして生じゃないんでしょうか?

 

27時間テレビは、生放送のハプニングが大きな魅力でした。

 

総合司会のたけしが、

「やる意味あるの?」

と、言っている始末です。

 

確かに、そう思ってしまいますね。

 

グランドフィナーレまで収録だそうです。

 

チーフプロデューサーで、「めちゃ×2イケてるッ!」「笑っていいとも!」などを担当した中嶋優一氏は、

 

「歴史というテーマで、収録の方が番組としての完成度が高いんじゃないかというのが大きな理由です。新しいことに挑む時、収録でやっちゃいけない理由もないし、逆に売りになるかもれない。『収録番組の段積みなら、普段と変わらないじゃないか』という批判もあるとは思いますが、歴史という縦軸で27時間テレビのパッケージになっていればいいというところですね」

 

と、語っています。

 

総合演出を務める「ワイドナショー」「IPPONグランプリ」などを手掛ける竹内誠氏は、

 

「編成部と制作部でいろいろ話をして、「日本の歴史を27時間で見る」という方針が、去年の年末には固まりました。」

 

と、語っています。

 

以上が公式発言ですが、実際のところはどうなんでしょうか?

 
スポンサーリンク



 

 

それは、一言で言うと、予算不足ということになりそうです。

 

2016年の27時間テレビは、平均視聴率7.7%とワースト記録を更新。

 

なんだかんだと言われながら、視聴率を取ってしまう日本テレビの24時間テレビとは、対照的です。

 

27時間テレビは、制作費がかかるわりに、視聴率が取れないお荷物番組となっていました。

 

2017年、踊る大捜査線を手掛けた亀山社長が、低迷する業績の責任を取って辞任。

 

宮内正喜社長が就任しました。

 

宮内社長は、堅実なタイプ。

 

27時間テレビは打ち切りたかったとも言われていますが、すでにスポンサーを集め始めてしまったために、打ち切れず。

 

そこで、お金のかかる生放送をやめて、ほぼ全編収録という形になったそうです。

 

27時間テレビの大きな魅力であった生放送のハプニングがなくなって、面白くなるのかどうか興味深いところです。

 

以上です。

 

いろんな状況を考えると、今年の結果いかんで、最後になってしまうかもしれない27時間テレビ。

どうなるのか注目ですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメント

    • 匿名
    • 2017.09.09

    マジで、今年の27時間テレビ面白く無い

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。