駐車券紛失の裏技!高額料金5000円は返金できる?イオンやタイムズは?

10.032017

この記事は3分で読めます

IMG_3226

 

先日、近くのイトーヨーカドーに買い物に行ったときに、駐車券を紛失してしまいました。

 

紛失料金は、5000円です。

 

これは、本当に悔しい!

 

なんとしても、取り戻したい!

 

本来、払わなくてよいはずの

 

高額料金5000円は返金できるのか?

 

そして、紛失料金から逃れる裏技について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

まず確認すること

まず、紛失した駐車券がないか確認してみましょう。

 

・財布の中
・車のクッションや座席の下の隙間
・車のコインケースや収納スペース
・車のサンバイザーのカードホルダー
・鞄の中
・ズボンのポケット、胸ポケット
・スマートフォンケースの中
・買い物袋の中

 

しかし、私は見つかりませんでした。

 

さらに、店の中の歩いた場所を探したりしましたが、見つかりません。

 

とほほですね。

 

いつまでも、探していても仕方がないので、紛失ボタンを押して、5000円を払って出てきてしまいました。
スポンサーリンク



駐車券紛失!高額料金5000円は返金できる?

それでも、5000円は悔しい。

 

高額料金5000円は返金できるんでしょうか?

 

例えば、タイムズの規約には、こんな風に書いてあります。

 

駐車券を紛失した場合は、3万円を上限として駐車料金としてお支払いの上、出庫頂きます。なお、具体的な金額は、駐車場 によって異なります。また、当社において、最長駐車時間を超えて駐車されたことを確認し、その駐車料金が上記金額を超 えるときは、当該駐車料金全額をお支払い頂きます。

 

基本的には、駐車したら、この規約に同意したことになってしまうようです。

 

法律的には、消費者契約法10条で、消費者の利益を一方的かつ極端に害する条項は無効になると定めているため、利用実態からかけ離れたあまりに高額な料金を定める規約は、無効であるとして支払いを拒むことができると考えられるそうです。

 

しかし、法的手段まで使うのは、現実的ではないので、他の方法を考えたいところです。

 

調べてみると、その方法は意外にもありそうです。

 
スポンサーリンク



駐車券紛失の裏技は?イオンやタイムズは?

駐車券紛失の場合の裏技はないものでしょうか?

 

ショッピングセンターでは?

 

イオンなど、ショッピングセンターなどで駐車券紛失した場合は、案内所などで駐車券を紛失したことを伝えれば、当日のレシートなどで、駐車券を再発行してくれることがあるそうです。

 

しかし、私の場合は、ショッピングセンターと駐車場の運営者が違ったので、無理でした。

 

コインパーキングでは?

 

大手のパーキング会社であれば、返金になる場合が多いそうです。

 

タイムズの場合は、駐車場のコールセンターに電話して、

 

「駐車場に〇時頃に車を停めたが、駐車券をなくしてしまった。

少ししか駐車していないので、返金できないか?」

 

と、伝えると、申告した時間で、後日、銀行振込にて、返金してくれる場合があるそうです。

 

ちなみに、こういった対応は、初回限りになるそうです。

 

これを利用して、長時間の駐車をごまかそうとする人が出てくる可能性がありますから、当然ですね。

 

ともかく、私のように、始めから、紛失ボタンを押してはいけなかったですね。

 

諦めずに交渉することが大切なようです。

 

以上です。

 

紛失ボタンを押してしまった私は、コツコツ節約するしかなさそうです。

 

年会費無料で還元率が高い楽天カードを作りました。



ちょうど、5000ポイントだったのも、理由です(笑)

 

これから、少しずつ取り返します!

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。