景田哲夫(テキーラ職人)のプロフィール!結婚や子供は?クレイジージャーニーで話題!

01.242018

この記事は2分で読めます

2018年1月24日、『クレイジージャーニー』にテキーラ職人・景田哲夫が登場します。

 

本場メキシコで命懸けのテキーラ造りに挑戦する景田哲夫。

 

日本人初のテキレロ(テキーラ職人)になりました。

 

どんな人なのか、気になりますね。

 

景田哲夫について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

景田哲夫(テキーラ職人)のプロフィール!結婚や子供は?

kagetatetuo

名前:景田哲夫(かげた てつお)

生年月日:不明

年齢:不明

出身地:不明

在住:メキシコ

職業:テキーラ職人

 

景田哲夫は六本木のバーで15,6年バーテンダーをしていました。

 

テキーラ職人になるきっかけは、六本木のテキーラ専門店に勤めたことです。

 

今まで抱いていたテキーラの飲み方は、「塩とライムで一気飲み」だったそうです。

 

しかし、その専門店でテキーラの味や飲み方を知って、初めてテキーラの奥深さを感じ感銘を受けたそうです。

 

2009年に、研修旅行でメキシコに行きます。

 

ただ、10か所ほどの蒸留所を短時間で見る程度。

 

お客さんにテキーラの質問をされても、ほとんど答えられなかったそうです。

 

2014年1月15日、周囲の後押しもあって、ついに本場メキシコに渡ります。

 

テキーラとはもともと、メキシコ第二の都市であるハリスコ州グアダラハラ周辺にあるテキーラ市やテキーラ町を総称して「テキーラ」といいます。

テキーラ市周辺で、限られた原料や製法で作られたお酒だけが「テキーラ」というそうです。

 

しかし、スペイン語がしゃべれず、特に頼る人もいなかった景田哲夫。

 

行き詰ってしまいます。

 

ある日偶然、道を歩いていた時に、イギリス人に、

「何をしているのか?」

と話しかけられます。

 

テキーラの蒸留所関係の仕事を探していると伝えたら、馴染みの店があるグアダラハラに誘ってくれました。

何回か通ううちに、「カスカウィン」の生産マネージャのサルバドール・ロサレストレホさんと出会います。

 

蒸留所に通ううちに、景田哲夫は思いきって

「ここで働かせてほしい」

と、頼むと、あっさりOKをもらいました。

 

景田は、2015年12月25日にカスカウィンテキーラを日本に輸出することに成功しました。

 

さて、景田哲夫が結婚しているかどうかが気になるところですが、調べたところ、結婚してるという情報はありませんでした。

 

メキシコに渡るぐらいですから、結婚はしていない可能性が高いですね。

 

そうなると、子供もいない可能性が高いですね。

 

以上です。

 

今後は景田哲夫流のテキーラを作って、日本で広めたいという夢をもっているそうです。

 

これからが楽しみですね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。