村田マリのWikiや夫について!ビジネス手法はパクリ!

12.062016

この記事は3分で読めます

muratamari

「DeNA Palette(ディー・エヌ・エー パレット)」の名称で展開するキュレーションメディアのうち、「WELQ」(医療)、「CAFY」(飲食)、「iemo」(インテリア)、「Find Travel」(旅行)、「JOOY」(男性向け情報)、「cuta」(妊娠、育児)、「PUUL」(アニメ、漫画)、「UpIn」(お金)、「GOIN」(自動車)が非公開となり、「MERY」(女性ファッション)だけが公開されていまたが、無断転載や規約違反の可能性があるとして、12月7日から非公開となることが発表されました。

 

この問題は、村田マリが運営していた、住まいのキュレーションメディア『iemo』と女性向けファッションのキュレーションメディア『MERY』を、2014年にDeNAが合計約50億円で買収したことに端を発しています。

 

iemo株式会社で代表取締役CEOを務めていた村田マリは、買収と同時にDeNAの執行役員に就任しています。

 

村田マリについて、調べてみました。

 

村田マリのWiki

名前:村田マリ
生年月日:1978年
出身:岐阜県
高校:愛知淑徳高等学校
大学:早稲田大学文学部

 

早稲田には、第一文学部と第二文学部がありましたが、どちらか分かりませんでした。

あえて書かないところを見ると、第二文学部かもしれません。

 

大学卒業後、サイバーエージェント株式会社に新卒1期生として入社。

2005年3月、コントロールプラス株式会社を設立。ソーシャルゲームを手掛ける。

2012年にコントロールプラス株式会社をgumiに売却。

2013年12月にiemo株式会社を設立。

2014年10月にiemoを約50億円でDeNAに売却。DeNAの執行役員に。シンガポールへ移住。

 

シンガポールへの移住は、iemoの売却益を節税するためだったと言われています。

現在では、認められていない方法です。

 

時代の波に乗るのがうまいと思う一方で、ソーシャルゲームやキュレーションメディアなど、お金優先の発想が見られる人です。

 

「奥ゆかしさはもう女性の美徳ではない」

「女性の新しいロールモデルをつくりたい」

などの発言があり、新しい時代の女性であることを意識しているようです。

 

村田マリの夫は?

honmamasahiko

村田マリの夫は、本間真彦氏です。

 

2011年2月に結婚しています。

 

慶応大学経済学部卒。

2001年、アクセンチュアのコーポレートデベロップメント及びベンチャーキャピタル部門に勤務。

2003年、三菱商事傘下のワークスキャピタルにて勤務。

2007年、コアピープルパートナーズを設立。gumiに関わっていたそうです。それで知り合ったんでしょう。

2010年にインキュベイトファンド設立。

 

投資家ですね。

同ファンドは、DeNAが過去に出資しているそうです。

 

iemo買収当時は、DeNAとの出資関係はなかったそうなので、利益相反の疑いはなさそうですが、つながりはあったんですね。

 

村田マリのビジネス手法はパクリ

村田マリが展開していたキュレーションメディアは、パクリでした。

 

その特徴は、

・他のサイトの複数の記事を切り貼りして、リライト。写真もパクリ。

・まとめサイトなのに、オリジナルを装っている。

・特に、医療分野で、間違いだらけの内容

・1日100本程度のパクリ記事を、検索エンジンで上位表示するために、倫理に反するSEO対策。

・ユーザーが自由に記事を投稿でき、DeNAは記事の責任を負わないとしながら、実態は、DeNAがクラウドソーシングなどを用いて、記事をライターに発注している。

 

というものです。

 

張り子の虎で、大儲けしていたようですね。

 

ライターの記事の原稿料は、1文字1円にも満たない安さだったそうです。

 

資本主義の縮図がここにありますね。

 

資本主義の申し子のような人ですね。

 

続報:村田マリは逮捕される?Twitterに鍵!記者会見から逃亡!

 

 

 

スポンサーリンク


コメント

    • 元親友
    • 2016.12.08

    マリは金の亡者だよ。

    • 匿名
    • 2016.12.30

    コピペサイトに50億…2年で責任者ごとロスカット…
    DeNAの間抜けぶりwwww

    村田さんは上手くやったね!
    と言いたい所だけど、今後この人のプレゼン信用する人は居ないから、
    どっちもどっち!?

    暫く雲隠れして子育てに専念だね!

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。