渡辺大の嫁や母は?若村麻由美との関係は?「就活家族」のキャストに!

12.102016

この記事は3分で読めます

watanabedai

渡辺大が成宮寛貴の代役で「就活家族」のキャストに

俳優成宮寛貴が突然の芸能界引退を発表し、各方面に波紋が広がっています。

 

そのひとつが、テレビ朝日で、来年1月スタートの連続ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」(木曜午後9時)の降板です。

 

「就活家族」11月上旬から撮影中で、成宮寛貴の出演シーンは第4話まで撮影済みということで、取り直しになってしまうということです。

撮影費用を負担する事務所は大変ですね。

 

成宮寛貴の代役で「就活家族」のキャストになった渡辺大とは、どんな人なのでしょうか?

 

調べてみました。

スポンサーリンク

渡辺大のプロフィール

名前:渡辺大(わたなべだい)

生年月日:1984年8月1日
出身:東京都渋谷区
身長:185cm
体重:74kg

大学:青山学院大学

家族:渡辺謙(父)・杏(妹)

 

父親は渡辺謙。

やっぱり、親子だけあって、似ていますね。

 

俳優としてスタートした時は、七光りを嫌って、親子であることを隠して、芸名も新 晋一郎(しん しんいちろう)としていましたが、見た目が似ているために、すぐにバレてしまったそうです。

 

父の離婚騒動の渦中に、家庭の内幕を書いた手記を『週刊文春』に寄稿したため、所属事務所を解雇。

しばらく活動停止。

復帰後は、本名の 渡辺大(わたなべだい)で活動再開しました。

 

妹が人気女優の杏です。

 

渡辺大の嫁は?

渡辺大は、2008年に結婚しています。

 

当時23歳。

若いですね。

 

お相手は、会社員の一般女性。

 

2008年3月14日に婚姻届を提出。

女性は妊娠していました。

 

2008年に第一子誕生。

2010年に第二子誕生。

 

渡辺謙は、48歳でおじいちゃんになりました。

 

渡辺大の母は渡辺由美子

渡辺大の母は、渡辺由美子です。

 

元モデル。

ただ、それほど有名ではなかったようです。

 

渡辺謙と由美子夫人は、1983年(昭和58年)に結婚。

2年に及ぶ調停の末、2005年3月に離婚。

 

離婚の理由は、由美子夫人が作った莫大な借金だったと言われています。

その額は、2億とも言われています。

 

渡辺謙は、1989年に急性骨髄性白血病を発症。

闘病生活に入り、収入は激減しました。

 

2001年、税金滞納で自宅が差し押さえに。

 

由美子夫人は、借金の原因は、治療費と家のローンと主張しました。

 

しかし、裁判をするうちに、由美子夫人が「釈尊会」に多額のお布施をしていたことが、発覚します。

 

夫が難病で収入も減少。

そんな心の不安につけ込まれたのでしょう。

 

渡辺謙の病気が治癒すると、ますます、宗教を信じてのめり込んでしまい、借金が膨らんでしまったそうです。

 

渡辺大や杏が通っていた学校の保護者にまで借金を頼む始末。

 

これだけを見ると、いいお母さんとは思えません。

 

一方、渡辺大が寄稿した『週刊文春』の手記によると、渡辺謙さん由美子夫人は昼夜問わず働いたそうです。

 

しかし、渡辺謙が約束していた生活費の仕送りは滞りがち。

 

当時、高校生だった妹の杏は、学費の負担をなくすために、 高校をやめることを決意。
渡辺大には大学を卒業するように勧めたそうです。

 

杏さん、偉すぎますね。

 

そして、離婚の原因は、若村麻由美にあると言うのです。

 

渡辺大と若村麻由美の関係は?

「釈尊会」にのめり込んでいたのは、由美子夫人だけでなく、渡辺謙も一緒だったそうです。

そう考えると、「釈尊会」への送金は、由美子夫人だけが悪いわけではなさそうですね。

 

そこで、渡辺謙は、若村麻由美に出会います。

 

若村麻由美はのちに「釈尊会」の教祖・小野兼弘と結婚していることで、有名ですね。

 

渡辺謙は、若村麻由美と結婚したいから、由美子夫人と離婚したがったそうです。

 

それが本当だとすると、由美子夫人が悪いわけではないですね。

 

若村麻由美がのちに小野兼弘と結婚したことを考えると、ハニートラップ的なものに引っかかって、金を吸い上げられたのではないかという考えすら浮かびます。

 

真相は分かりません。

どちらの見方をするかによっても変わるでしょう。

 

とにかく、渡辺大が宗教、離婚、差押えなど、数々の修羅場を見て、苦労してきたことは間違いなさそうです。

 

そんな経験が演技の糧となって、素晴らしい演技を見せてくれることを期待します。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。