村田マリは逮捕される?Twitterに鍵!記者会見から逃亡!

12.102016

この記事は2分で読めます

muratamari「WELQ(ウェルク)」など、ディー・エヌ・エー(DeNA)のキュレーションサイトの問題で、DeNAの代表取締役社長守安功氏、創業者で取締役会長の南場智子氏らが謝罪会見を行いました。

 

しかし、その内容は、経営幹部が詳細を把握していなかったという無責任なものでしたが、その中でも無責任さが際立ったのが、MERY以外の9サイトを統括する事業責任者で、DeNA執行役員にして、「メディア統括部長 兼 Palette事業推進統括部長」の村田マリ氏が出席しなかったということです。

 

欠席の理由は、健康上の理由ということです。

これほどの事態になっても、シンガポールにいて、日本に来ていないようです。

 

村田マリ氏が今後どうなるのかについて、調べてみました。

スポンサーリンク

村田マリは逮捕される?

「村田マリ氏は逮捕されるのか?」

 

そんな話まで、出てきています。

 

現在、著作権法違反、薬機法違反が考えられます。

 

著作権法については、著作者が違反者(無断使用者)を告訴した場合、違反者に5年以下の懲役、又は500万円以下の罰金。

 

薬機法についても、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金。

 

ただ、今回は、逮捕まではいかないと思います。

 

しかし、DeNAは、第三者委員会を設置して、事実関係の調査を行い、関係者を処分するということなので、なんらかの処分が下るものと思います。

 

村田マリがTwitterに鍵!

村田マリ氏は、騒動が起こると、Twitterに鍵をかけて非公開にしてしまいました。

 

また、個人ブログ「兵は神速を貴ぶ~村田マリの雑記~」も非公開にしています。

 

そして、謝罪会見からの逃亡。

 

以前は、

「奥ゆかしさはもう女性の美徳ではない」

「女性の新しいロールモデルをつくりたい」

などと、発言して、前へ前へ出ていました。

 

しかし、ひとつ問題が起こると、このありさまです。

 

ブログタイトル「兵は神速を貴ぶ」は、曹操に仕えた 軍師・郭嘉の言葉です。

村田マリは「ビジネスはスピードがすべて」と発言しています。

謝罪については、自分の言葉に反して、スピードを重要視しなかったようです。

 

孫子の「三十六計逃げるに如かず」を採用したようですね。

 

責任者にあるまじき態度ですね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。