ローグワン(スターウォーズ)のあらすじや意味は?待ち切れず最新予告や公開日と時間も調べた!

12.112016

この記事は3分で読めます

rogu1

スターウォーズ・ローグワンの公開日、2016年12月16日(金)が迫ってきました。

 

私はスターウォーズの大ファンなのですが、詳しい情報を知りませんでした。

やはり、ナンバリングタイトルに比べると、大々的に宣伝しないんですね。

 

そこで、ローグワンのあらすじ、ローグワンという言葉の意味、公開日と時間について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

ローグワン(スターウォーズ)のあらすじは?

スターウォーズ・ローグワンエピソード3『スターウォーズ / シスの復讐』とエピソード4『スターウォーズ / 新たなる希望』の中間を描く物語です。

 

エピソード4の10分前までを描くそうです。

 

「10分前」と言われると、ファンのとしては、ワクワクしますね。

 

エピソード4のオープニングロールがこちら

 

時は内乱のさなか。凶悪な銀河帝国の支配に反乱軍の秘密基地から奇襲を仕掛け帝国に対し初めて勝利を収めた。更にその戦闘の合間に反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功。それは”デス・スター”と呼ばれ惑星をも粉々にするパワーを持つ宇宙要塞基地だった。凶悪な帝国軍に追われながらレイア姫は盗み出した設計図を手に故郷へと急いだ。人類を救い銀河に自由を取り戻すために….

 

ローグワンのあらすじを一言で言ってしますと、「帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出す」物語です。

 

究極兵器とは、デス・スターのことですね。

 

う~ん、観たい。

 

ファンのツボを押さえていますね。

 

エピソード3のアナキンの裏切りで、共和国が帝国となり、帝国が究極兵器「デス・スター」の開発を進めているという情報を得た波乱軍が、デス・スターの設計図を盗み出すべく、『ローグワン』部隊を出撃させるというストーリーです。

 

ダース・ベーダーも登場するそうです。

ボバ・フェット、ハン・ソロの登場も噂されています。

 

主人公は、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)。

 

ferisithi

 

女性です。

15歳の頃からひとりぼっち。

銀河の裏社会に通じており、多くの犯罪を犯してきました。

減刑をローグワン部隊に加わります。

その理由は、デス・スターの情報が、父・ガレン・アーソからもたらされたからです。

 

女性で、しかも善人ではないという新しいタイプの主人公ですね。

 

ローグワン(スターウォーズ)の意味は?

ローグ・ワン(Rogue One)という言葉。

 

「rogue」という単語には、

 

・(親しみをこめて)しようがないやつ

・悪漢、ごろつき、詐欺師

・ 群れを離れた(狂暴な)動物

 

と、いった意味があります。

 

主人公の人物設定にもあらわれていますね。

 

また、スターウォーズには、「ローグ中隊」という飛行部隊が登場します。

 

エピソード4で、ローグ中隊の前進であるレッド中隊が登場し、エピソード5でローグ中隊が登場します。

 

飛行部隊のエピソード1という意味があるかもしれませんね。

 

また、この作品そのものが、スピンオフ企画なので、「群れからはぐれた」という意味を持つ「rogue」という言葉を使ったという可能性もありますね。

 

ローグワン(スターウォーズ)の最新予告は?

公式で、ストーリーの分かる最新予告はコチラになりそうです。

 

ローグワン(スターウォーズ)の公開日と時間は?

スターウォーズ・ローグワンの公開日と時間は、2016年12月16日(金)午前0時(=12月15日(木)24時)です。

 

公開初日午前0時最速上映が決定しています。

 

『スター・ウォーズ・エピソード7/フォースの覚醒』では、2015年12月18日(金)18時30分に全国一斉上映解禁で、公開日午前0時のカウントダウン上映は行われることはありませんでした。

 

コロナシネマワールド、ユナイテッド・シネマ、TOHOシネマズ、またT・ジョイ系列のT・ジョイPRINCE品川、横浜ブルク13といったシネコンチェーンで上映されるとのことです。

 

以上です。

 

ローグワンは、一度完成したものを取り直ししたそうです。

 

もともと、ローグワンは『戦争映画のようになる』、『SF版プライベート・ライアン』と言われてそうですが、ディズニー幹部がスクリーンテストで、これまでのスターウォーズの『クラシック』な雰囲気とはかけ離れているので、明るさや軽快さ、アドベンチャーの楽しさを盛り込むよう要求し、取り直したそうです。

 

エピソード4の冒頭10分前で終わる内容のため、トーンを合わせる必要もあったそうです。

 

そこまで、こだわったローグワン。

 

とても、楽しみですね。

 

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。