ノンスタ井上の復帰はいつになる?

12.142016

この記事は2分で読めます

平成28年12月12日にノンスタ井上が、タクシーと接触する事故を起こすも当て逃げした事件で、所属事務所の吉本興業がノンスタ井上を、被害者との示談が成立するまで「無期限の休養」とすることを発表しました。

 

「無期限の休養」とは、いつになるのか、分かりにくいですね。

 

ノンスタ井上の復帰はいつになるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

ノンスタ井上の復帰はいつになる?

 

ノンスタ井上の「無期限の休養」は、被害者との示談が成立するまでとなっています。

 

逆に言えば、被害者との示談が成立すれば、復帰するとも読めますね。

 

では、交通事故の示談交渉に入る時期はいつになるでしょう?

 

それは、怪我の治療終了が示談交渉開始の時期になるのが一般的です。

 

治療が完了したところで損害賠償額が確定するからです。

 

では、被害者の40代男性のタクシー運転手の怪我の状態はどうでしょうか?

 

首や腰に全治2週間の怪我とされています。

 

とすると、順調に回復すれば、2週間後に示談交渉を開始できます。

 

事故発生日が平成28年12月12日ですから、2週間後と言うと、平成28年12月26日頃になります。

 

交渉期間は、早くて1ヶ月くらいといったところのようです。

 

そうすると、早ければ、平成29年2月のアタマくらいから復帰できることになります。

 

ただ、被害者にとっては、後から後遺症が出ることが怖いですから、示談まで少し間を開けたいところですよね。

示談を成立させてしまうと、後遺症が出たからといって、追加請求できなくなるからです。

特に首は、後から後遺症が出ることが多いので、怖いところです。

 

実際、ふつうは示談交渉開始から、2~3カ月くらいかかることが普通のようです。

 

そうなると、ノンスタ井上の復帰は、平成29年3月~4月頃ということになります。

これくらいの時期になる可能性が高いのではないでしょうか?

 

ノンスタ井上は、早く復帰したいからと言って、無理に早く示談に持ち込もうとするのではなくて、被害者のことを第一に考えて、行動するべきですね。

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。