ビデオアシスタントレフェリー (VAR)のおかげでクラブW杯で鹿島が先制!メリットとデメリット

12.142016

この記事は2分で読めます

ビデオアシスタントレフェリー (VAR)のおかげでクラブW杯で鹿島が先制!

 

クラブW杯で鹿島アントラーズがビデオアシスタントレフェリー(VAR)による判定でPKを獲得。

先制点を獲得しました。

 

FIFA主催の試合で、史上初のビデオアシスタントレフェリー(VAR)が適用されたシーンとなりました。

 

ビデオアシスタントレフェリー(VAR)とは、簡単に言えば、ビデオ判定ですね。

 

史上初のシーンを見て、メリットとデメリットがあったと思うので、ちょっと書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

ビデオアシスタントレフェリー (VAR)のメリット

ビデオアシスタントレフェリー (VAR)の一番のメリットは誤審を防げて、正当な判定によって試合が決まるということですね。

 

サッカーは誤審が一瞬の判断が必要になるので、誤審も多いスポーツです。

 

それが勝敗に直結するシーンも多いので、やはり誤審は少ないほうがいいでしょう。

 

今回の試合のように、特に南米の選手なんかは、汚いプレーをすることもあって、分からないようにやるのがウリみたいなところもありましたが、それが通用しなくなってしまうということです。

 

審判の見えないところで、シャツを引っ張ったり、ひじ打ちしたりなどの反則をすることなんかもこれからは見つかってしまうでしょう。

 

ビデオアシスタントレフェリー (VAR)のデメリット

ビデオアシスタントレフェリー (VAR)の一番のデメリットは、テンポが悪くなることですね。

 

ビデオアシスタントレフェリーの判定の時間が、かなり間が空いて、判定が下るという感じで、変な間が空いてしまいますね。

 

サッカーの一番の良さであるスピード感が削がれる感じがしましたね。

 

頻繁にあると、これはかなり間延びした試合になってしまいそうです。

 

スタジアムビジョンに流したりすれば、少しは間が持つかなというところです。

 

以上です。

 

正当な判定で、ゲームが展開するのは、とてもいいことだと思います。

 

ビデオアシスタントレフェリー (VAR)の判定に要する時間の間延びした感じを減らせば、とてもいい制度だと思います。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。