穂川果音(ほかわかのん)がコスプレやりまくりの理由!Wikiや大学もチェック!

01.062017

この記事は2分で読めます

hokawakanon

 

穂川果音(ほかわかのん)のテレビ出演が増えています。

 

もともとはファッション誌「CanCam」の専属モデルで、現在、気象予報士という彼女。

 

年齢は30歳。

 

なぜ、今、急にテレビ出演が増えているのか、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

穂川果音(ほかわかのん)のWikiや大学は?

hokawakanon5

名前:穂川果音(ほかわかのん)
生年月日:1986年2月12日
出身:東京都
血液型:A型
身長:171cm

スリーサイズ:B91・W60・H90

カップ:Iカップ

職業:気象予報士、防災士、キャスター、リポーター、タレント

特技:ヨガ、フラメンコ

趣味:うさぎの散歩、マンガ(少年漫画)、ゲーム(wii PS3 3DS等)

 

強烈なブリッコキャラが印象的です。

 

もともとは、ファッション誌「CanCam」や「プチセブン」の専属モデル。

 

そんな彼女が、お天気キャスターとして大人気だった皆藤愛子にあこがれ、気象予報士になろうと決心。

 

しかし、気象予報士は合格率5%以下といわれる超難関試験です。

 

穂川果音は、事務所を辞めてモデルを休業し、定時で帰れる秘書に転職。

ちなみに秘書検定準1級ももっているそうです。

出勤前と退社後に猛勉強するという生活を送り、2009年に二度目の試験で合格を果たしました。

 

しかし、資格を取っただけでは、気象予報士としての仕事がありませんでした。

 

2011年には、「オートサロン」でコンパニオンを務めて、気象予報士のレースクイーンとしてサーキットで人気を集めました。

所属チームに天気のアドバイスをしたこともあったそうです。

 

ブリッコキャラからは想像がつかないですが、頭のいい人なんですね。

 

そんな彼女の大学が気になりましたが、大学の情報は見つかりませんでした。

 

そして、穂川果音に転機が訪れます。

 

穂川果音(ほかわかのん)がコスプレやりまくりの理由

 

穂川果音の人気に火がついたきっかけは、インターネット放送局「AbemaTV」の報道番組『AbemaPrime(通称アベプラ)』のお天気コーナーにレギュラー出演したことです。

 

その番組では、「予報が外れたらコスプレを披露する」というルールになっています。

 

予報が外れればセーラー服やチアガール、ナースなどのコスプレ姿で登場するので、予報が外れて欲しいと願ってしまうかつてない天気予報です。

 

hokawakanon2

 

hokawakanon3

 

hokawakanon4


ネット番組で人気になるという新しい流れですね。

 

ファッションモデル、レースクイーン、気象予報士、今までの努力や経験が実を結んだ結果ですね。

苦労が報われたんだと思います。

 

これから、さらに活躍して欲しいですね。

 

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。