吉井理人はスパイだった!?激やせや結婚についても気になる!

10.312016

この記事は2分で読めます

ピッチングコーチとして、チームを2年連続日本一に導いた日本ハム・吉井理人(よしい まさと)投手コーチが話題になっています。

 

少し野球に詳しい人なら、

「あれっ?」

と、思うかもしれません。

 

2015年、2016年と2年連続日本一になったチームはないからです。

 

そこで、「吉井理人スパイ説」なんかも飛び出しています。

 

そんな吉井理人投手コーチについて、探ってみました。

 

吉井理人の経歴

まず、吉井理人は現役時代はピッチャーとして鳴らしていました。

 

名門・和歌山県立箕島高校で3年時にエースとして夏の甲子園に出場。

3回戦に進出するも、津野浩のいた高知商に敗退。

 

1983年のドラフト会議で近鉄バファローズから2位指名され入団。

 

1988年には、10勝24セーブで最優秀救援投手のタイトルを獲得するなどの活躍を見せます。

 

しかし、当時の監督・鈴木啓示との確執などで、1995年に西村龍次とのトレードでヤクルトに移籍。

鈴木啓示との確執は、野茂英雄と同じですね。

ちなみに野茂英雄に競馬を教える代わりに、フォークボールを教わったというエピソードがあります。

 

ヤクルト移籍後は、1995~1997年まで3年連続2桁勝利。

野村再生工場で復活したひとりですね。

 

1997年にFAでメジャーに移籍します。

 

メジャーでも、1998年にニューヨーク・メッツで12勝を挙げるなどの活躍を見せます。

 

2007年に現役引退後、2008年に日本ハムの投手コーチに就任します。

 

スパイ説はここから始まります。

 

吉井理人はスパイだった?

吉井理人は日本ハムの投手コーチを2008年~2012年まで務めます。

 

その間、2009年、2012年に優勝。

 

「おやっ?」

 

と、思うのは、優勝した2012年に投手コーチを辞めてしまっていることです。

 

その理由は、2012年に監督に就任した栗山英樹と、ピッチャーの起用法をめぐって意見が合わなかったと、本人が明言しています。

 

2015年には、ソフトバンクの一軍投手コーチに就任。

チームを日本一に導くも、球団はシリーズ終了後に、三軍コーチへの異動を打診。

吉井理人は、1年で退任してしまいます。

 

2016年には、確執のあった栗山英樹が監督を務める日本ハムの一軍投手コーチに就任。

再びチームを日本一に導きます。

 

ソフトバンクを1年でやめて、古巣である日本ハムのコーチに就任して、優勝されてしまったので、ソフトバンクファンからスパイと言われてしまったようです。

 

ただ、真相としては、日本一になったにも関わらず、3軍コーチが納得いかなかったというだけだと思います。

 

ここまで、見てきて思うのは、自分のポリシーを持っていて、衝突を厭わず、自分を貫き通す強さを持った人という印象です。

 

吉井理人の激やせや結婚については?

吉井理人の激やせの理由は、病気とかストレスとかではなく、「スマートダイエット」というダイエットに取り組んでいるそうです。

食事管理をしているようですね。

 

95kgから85kgまで体重を落とそうと取り組んでいるようです。

 

結婚については、情報がありませんでした。

 

プロ野球選手で結婚の情報がないのは珍しいので、独身なのかもしれません。

 

以上です。

 

ぜひ、これからも有能なコーチとして、名選手を生み出していって欲しいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。