前方後円墳の起源や原型、意味は?形の理由が気になる!全体が見える場所もチェック!

01.202017

この記事は2分で読めます

zenpoukouenhun

 

平成29年1月20日にNHKで放送される『歴史秘話ヒストリア』で「前方後円墳」が特集されます。

 

なんとも、不思議な形をしていて、どうしてそんな形になったのか、理由が気になります。

 

古代ロマンを掻き立てられる存在ですね。

 

世界に誇る日本オリジナルの墓「前方後円墳」。

 

前方後円墳の起源、原型、意味、形の理由、全体が見える場所などについて、調べてみました。

スポンサーリンク

 

前方後円墳の起源や原型、意味は?

前方後円墳は、日本オリジナルのものです。

 

前方後円墳の起源や原型は、奈良県橿原市の瀬田遺跡で発見された弥生時代終末期(2世紀頃)の前方後円形の円形周溝墓ではないかと言われています。

 

しかし、韓国との歴史共同研究が進むにつれて、起源は高句麗積石塚という説が出てきました。

 

koukuri

 

韓国お得意の朝鮮起源説です。

 

これにかかると、剣道とか柔道とか歌舞伎とか寿司とか、なんども朝鮮起源になってしまいます。

 

全然、形が違います。

 

そもそも、朝鮮に前方後円墳がないんだから、朝鮮起源説はありえない話でしょう。

 

前方後円墳の意味は、

 

・男女交合の形

・日輪と三輪山

 

などいろいろと出ていますが、はっきりとは、わかっていません。

 

前方後円墳の形の理由は?

前方後円墳の形の理由は、円墳の所が墓地で、方墳の所で儀式をするために、このような形になったというのが、通説ではあります。

 

ただ、はっきりとしたことは、分かりません。

 

前方後円墳は、ほとんどが天皇陵に指定されていて、宮内庁が管理しているため、発掘調査が許されていません。

 

ですので、研究が進んでいないというのが、実情です。

 

前方後円墳の発掘を許すと、天皇家がもともと朝鮮人だったというのが分かってしまうから、宮内庁は発掘を許可しないという都市伝説まで、ささやかれてしまっています。

 

歴史ファンとしては、発掘を許可してもらって、この謎に満ちた前方後円墳を少しでも解き明かしてもらいたいと思ってしまいますね。

 

前方後円墳の全体が見える場所は?

ここまで、前方後円墳について調べてみると、実際に観てみたくなりますよね。

 

前方後円墳の全体が見渡せる場所を調べてみました。

 

前方後円墳は基本的に天皇陵に指定されていて、恐れ多いということで、見下ろす形の建物はなかなか作れなかったそうです。

 

ですので、なかかか、全体を見渡せる場所は少ないのですが、堺市役所の最上階の展望ロビー(無料)からは、全体が見られるそうです。

 

ただ、鍵穴の形までは観られないそうですが。

 

それでも、貴重ですね。

 

堺市役所は、南海高野線の堺東駅からすぐです。

 

以上です。

 

謎に包まれていて、古代ロマンを掻き立てられてしまう前方後円墳。

 

いろいろと調べてみたくなりますね。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。