抜刀斎の意味とは?実在するモデルとは?

01.212017

この記事は2分で読めます

映画『るろうに剣心』。

 

漫画原作の映画はつまらないものが多いのですが、例外的に楽しめる作品です。

 

大友啓史監督は、もともとNHKにいた人で、大河ドラマ『龍馬伝』とかドラマ『ハゲタカ』を作った人です。

 

『ハゲタカ』は金融ドラマでありながら、異例の映画化までされたという作品で、かなり面白かったです。

 

両方とも好きな作品なので、個人的に相性がいいのかもしれません。

 

主人公・緋村剣心こと、抜刀斎の意味と、実在するモデルについて、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

抜刀斎の意味とは?

 

主人公・緋村剣心こと、人切り抜刀斎。

 

抜刀斎とは、どういう意味なのでしょうか?

 

緋村剣心は明治維新前、緋村抜刀斎と名乗り、長州藩に属して、影で幕府の要人の人斬りをしていました。

 

緋村は抜刀術の達人でした。

 

斎という言葉の意味は、

書斎の名、また雅号・芸名につける語。

となっています。

 

つまり、抜刀斎とは、抜刀術を極めた者、あるいは極めようとする者という意味ではないでしょうか?

 

抜刀斎の実在するモデルとは?

幕末には、4大人斬りと呼ばれた男だちがいました。

 

田中新兵衛、岡田以蔵、中村半次郎、川上彦斎です。

 

抜刀斎の実在するモデルと呼ばれるのが、川上彦斎(かわかみげんさい)です。

 

kawakamigensai

 

田中新兵衛、中村半次郎が薩摩藩。

 

岡田以蔵が土佐藩。

 

それに対して、川上彦斎は、肥後藩の出身です。

 

1834年生まれ。

 

下級藩士・小森貞助とその妻和歌の次男として生まれ、下級藩士・河上源兵衛の養子となったそうです。

 

16歳で茶坊主として藩主邸の花畑屋敷で召し抱えられ、藩主に近習。

それをきっかけに、学問や兵法を学び、強硬な尊王攘夷論者になったそうです。

 

身長は150cmほどで、色白で女性のような容姿であったそうです。

 

普段は、礼儀正しく温和な人物だが、人を平気で切る残忍性も持ち合わせていたそうです。

 

この普段のやさしさと、人を切るときの豹変ぶりは、抜刀斎のモデルと感じさせますね。

 

天才的剣客としての技は、当時比類なしといわれて、新撰組隊長の近藤勇でさえ、対面すると思わず避けて通ったといわれています。

 

人を斬る際は、右足を前に出して折り、左足を後ろに伸ばして膝を地面すれすれに接し、右手一本で斬りかかる居合い的な「逆袈裟の斬り上げ」を必殺技としていたそうです。

 

ここも、明らかに抜刀斎のモデルと感じます。

 

人切りとしては、佐久間象山を切っています。

 

ただ、佐久間象山を切った後に、

「もう人を斬るのは嫌だ」

と、言ったという逸話も残っています。

 

維新後には、危険な攘夷論者の反乱分子と見なされために、関与の度合いは低い事件によって、死刑にされてしまいました。

 

以上です。

 

『るろうに剣心』がもっと楽しめると、いいですね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。