日暮旅人(視覚探偵)とてい(灯衣)の父親、母親との関係は?

01.222017

この記事は2分で読めます

tei

 

平成29年1月22日、ドラマ『視覚探偵日暮旅人』がスタートします。

 

聴覚、嗅覚、味覚、触覚を失って、視覚だけが異常に発達し、見えないもの(味やニオイや、ひとの感情まで)を視ることができる日暮旅人が、「探し物探偵」をするというストーリーです。

 

数々の謎のある作品ですが、その中でも気になってしまうのが、血の繋がらない娘・てい(灯衣)です。

 

なにかと保育園がでてきて、やさしい雰囲気に身を委ねていると、てい(灯衣)こそが大きな謎であることが分かってきます。

 

日暮旅人とてい(灯衣)の父親、母親との関係について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

日暮旅人(視覚探偵)とてい(灯衣)の母親との関係は?

日暮旅人が、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を失ったきっかけは、てい(灯衣)の母親にあります。

 

ここから、ネタバレになるので、注意してください。

 

日暮旅人は、5歳の時、誘拐され、3日間監禁されます。

 

暴力団の元で、麻薬開発を行っていたてい(灯衣)の母親によって、ロストと名付けられた人体実験にかけられます。

 

その苦痛から逃れるために、日暮旅人は、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を自ら遮断します。

 

日暮旅人は、自らをこんな状況に陥れた女の娘と、一緒に暮らしているということになりますね。

 

なんとも謎の多い状況ですね。

 

スポンサーリンク



日暮旅人(視覚探偵)とてい(灯衣)の父親との関係は?

日暮旅人は、てい(灯衣)の父親となって、育てています。

 

それでは、てい(灯衣)の本当の父親は誰なんでしょうか?

 

それは、今のところよく分かりません。

 

母親が上に書いたような女性なので、父親もどういう人間だったのか、気になってしまいますね。

 

以上です。

 

様々な謎がある『視覚探偵日暮旅人』。

 

これから、どのように謎が解き明かされていくのか楽しみですね。

 

原作との違いなんかにも、注目したいところですね。

 

関連記事

日暮旅人はなぜ娘のてい(灯衣)を引き取ったのか?雪路との関係は?

日暮旅人(視覚探偵)は聴覚がないのに、なぜ話せるのか?

日暮旅人(視覚探偵)が爪に白いネイルをしている理由とは?

『日暮旅人』に多部未華子が出ない、出番少ないのは忙しい?病気?

『日暮旅人』リッチーは原作では誰?熊谷のネタバレや結末は?ていとの関係も!

『日暮旅人』のネタバレ!セカンドの結末は?続編や続きが気になる!

『日暮旅人』結末のネタバレ!陽子やゆきじ、ていのその後は?小説「望むもの」を読んだ!

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。