キラーエリート(映画)は実話?実際に観た評価や感想について!

01.232017

この記事は2分で読めます

kiraerite

 

平成29年1月24日(火)に、映画『キラーエリート』が地上波で初めて放送されます。

 

個人的にわりと好きな、ジェイソン・ステイサム主演の作品です。

 

典型的なアクション映画といった仕上がりなんですが、実話に基づいているという作品です。

 

が、それは原作者が言っているだけで、疑惑もあるとか。

 

映画『キラーエリート』について調べたことと、実際に観た評価や感想について書いてみます。

 

スポンサーリンク

 

キラーエリート(映画)は実話?

 

原作は、ラヌルフ・ファインズの同名小説が『キラーエリート』です。

元SAS隊員にして世界的冒険家です。

 

ラヌルフ・ファインズは、この本の前書きで、ほとんど事実を元にしていると書いています。

 

「ほとんど」なので、どこまでが事実で、どこまでがフィクションなのか分かりません。
原作者自身が暗殺されかけたりします。

 

出版時は、事実を誇張しているとか、ほとんどが事実無根だという批判があったそうです。

 

「極秘保安組織」とか、そんなものが登場するので、確かに、あやしさ満載ではありますが。

 

ただ、小説として面白いことは事実のようで、リアリティーがあって、手に汗握るような展開のようです。

 

映画より面白いという評価もあり、フレデリック・フォーサイスと比べるような評価もあります。

 

そもそも、事実かどうかで、批判が起こること自体、話題になった作品ということですね。

 

原作が絶版になっているのが、残念ですね。

 

キラーエリート(映画)を実際に観た評価や感想について

『キラーエリート』を実際に観た評価や感想については、不朽の名作というほどではありませんが、娯楽作品として、ふつうに面白いと思います。

 

殴り合いとか、派手な爆発とかがあるので、退屈しません。

 

アクション映画らしいアクション映画です。

 

観て何かが残るという映画ではありませんが、退屈しないで観ることができます。

 

反面、実話を元にした作品特有のリアリティーとか感動とかいうものは、ないですね。

 

そういうものは、期待しないほうがいいです。

 

それでも、個人的に、スパイものとか、ハードボイルドものが好きということはあるかもしれませんが、楽しめる作品だと思います。

 

派手なアクション映画が観たいという時に、オススメできる作品です。

 

有名な作品ではありませんが、悪い作品ではないと思います。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。