正代関(相撲)の祖母や母は?学歴もチェック!

01.282017

この記事は2分で読めます

syoudai

 

平成29年1月28日、TBS『バースデイ』で相撲の正代(しょうだい)関が取り上げられます。

 

正代関は、現在、関脇で大関に最も近いと言われる逸材です。

 

それでいながら、超ネガティブキャラというところも、面白いところです。

 

正代関について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

正代関(相撲)のプロフィール!学歴は?

本名:正代 直也(しょうだい なおや)
所属部屋:時津風部屋

生年月日:1991年11月5日
出身地:熊本県宇土市

高校:熊本農業高校
大学:東京農業大学 国際食料情報学部国際農業開発学科
身長:183cm
体重:160kg
得意技:右四つ・寄り

 

正代関は宇土小学校1年のときに、公園で相撲をとっていると、宇土少年相撲クラブの監督にその才能を見出されて、半ば無理矢理、道場に通うようになりました。

 

小学5年生でわんぱく相撲の全国大会に出場。

鶴城中学校2年生で交代選手として全中の団体優勝メンバー。

熊本農業高校3年生では国体相撲少年の部で優勝。

東京農業大学に進学し、2年生で学生横綱。

 

2014年3月春場所で初土俵を踏み、10場所で新十両昇進のスピード出世。

このときの記者会見で、十両で対戦したい相手を聞かれて「誰とも当たりたくない」と答えたり、「憧れの力士はいない」と答え、「超ネガティブ力士」として有名に。

しかし、十両2場所目で、十両優勝。

 

初土俵から11場所目の新入幕は、3位タイのスピード。

さらに、初土俵から12場所で敢闘賞受賞。

2017年1月場所では、関脇を務めるなど、スピード出世を果たしてきました。

 

正代関(相撲)の祖母や母は?

syoudaimasayo

 

正代関の祖母が有名で、正代正代(しょうだいまさよ)さん。

 

名前がおもしろいですね。

 

正代関の帰省の模様が放送されたときに正代さんも出演していました。

 

孫の活躍に、

「うれしいですね。頑張れ頑張れって言うて応援して。勝ったらうれしかです。負けたらあーって」

と、話していました。

 

本当にうれしいんでしょうね。

 

父は巌さん、母は理恵さんだそうです。

 

ちなみに、石川さゆりとも親戚だそうです。

 

以上です。

 

これからますます活躍しそうな正代関。

 

ようやく日本人横綱である稀勢の里が誕生しましたが、正代関もそれに続いてほしいところですね。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。