森福允彦がFA!年俸が安い?巨人で髪型が認められるのか?

11.032016

この記事は2分で読めます

森福允彦がFA

ソフトバンク・森福允彦がFA宣言しました。

 

10年間在籍した球団への感謝の気持ちが強く、FA宣言するかどうか、微妙なところでしたが、他球団の評価を知りたいという思いが勝りました。

 

森福允彦は、2006年大学生・社会人ドラフトでソフトバンクに4巡目指名を受けて入団。

4年目の2010年に1軍定着。

2011年には60試合に登板。

日本シリーズでは、ノーアウト満塁のピンチを無失点で切り抜ける「森福の11球」という伝説を作ります。

2016年は、50試合に登板し、防御率2.00という安定した成績を残しました。

 

貴重な中継ぎ左腕として、争奪戦になることが予想されます。

 

森福允彦の年俸が安い?

森福允彦の2016年の推定年俸は、1億2,000万円。

 

Cランク(球団内の日本人選手で年俸11位以下)選手とみられています。

Cランクだと、獲得にあたって補償が必要なく、獲りやすい選手ということになります。

 

1億2,000万円で、Cランクというのは、さすがソフトバンクと言っていいでしょう。

争奪戦は激しくなります。

中継ぎで1億2,000万円は、決して安くはありませんが、さらなる積み上げが必要でしょうが、今シーズンのような成績を残してくれるならば、欲しい球団は多いでしょう。

 

森福允彦の髪型は巨人で認められるのか?

森福允彦は、独特の髪型で有名です。

 

morihuku

 

なかなか、ふつうの人はやらないですね。

 

森福の移籍先として、最有力なのが、巨人と言われています。

 

ただ、巨人は「紳士たれ」という教訓があるように、髪型に厳しいことで有名です。

 

原監督時代だったら、間違いなく認められません。

 

横浜時代は奇抜な髪型をすることがあった村田修一も、巨人に来てからは、おとなしい髪型になっています。

 

高橋由伸監督は、原監督ほど厳しくはないでしょうが、上のような髪型は認められないでしょう。

 

それでも、条件次第で巨人に行くことも十分あり得るでしょうが、奇抜な髪型が見られなくなるのは、少しさびしいですね。

 

資金力から考えると、ソフトバンク残留か、巨人移籍が有力だと思われる森福允彦。

 

その決断に注目ですね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。