代償(ドラマ)のラストは?原作との比較も!レンタルやDVDは?

02.112017

この記事は2分で読めます

Huluオリジナル限定ドラマ『代償』。

 

犯罪者への強烈な嫌悪感と、ハラハラ、ドキドキを感じさせられるドラマです。

 

小栗旬が迫真の演技をしていて、数ある小栗旬作品の中でも、最高の演技をしているのではないかと言われています。

 

最近は、地上波のドラマより、WOWOWや配信のドラマのほうが面白かったりしますね。

 

『代償』のラスト、原作との比較、レンタルやDVDはあるのかについて、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

代償(ドラマ)のラストは?

代償(ドラマ)のラストは、どうなるのでしょうか?

 

達也(高橋務)によって、数々のピンチが訪れる圭輔(小栗旬)ですが、それらを乗り越えて、ついに達也と最終対決をします。

 

第1話の初めのシーンにあった思い出の場所で、圭輔と達也が顔を合わせます。

 

圭輔(小栗旬)は、達也(高橋務)を凶器で殴打します。

 

達也は圭輔を挑発し続けます。

 

しかし、そこに駆けつけた真琴の言葉で、達也は踏みとどまり、

 

「おれはお前にはならない」

 

と言って、凶器を捨てます。

 

そして、圭輔は踏み込んできた警察に確保されます。

 

目的を果たせなかった達也は、泣き崩れます。

 

圭輔が警察車両に乗ろうとした時、達也が身を投げます。

 

時は流れて、圭輔と真琴は結婚して、娘がいます。

 

しかし、娘の手にはあの折り紙が握られています。

 

かなり、思わせぶりなラストで、続編も予感させる展開です。
スポンサーリンク



代償(ドラマ)原作のラストは?

ドラマが気になる終わり方をしているだけに、原作のラストも気になりますね。

 

原作は、伊岡瞬の小説『代償』

 

原作のラストはどういうものでしょうか?

 

最終的に安藤道子と達也の過去の罪が明らかにされ、達也たちは追求されます。

二人は、最終的に、自ら死を選びますが、死に切れません。

 

自らが犯した罪を償うべきだと思わせるラストです。

 

個人的には、こちらのほうが『代償』というタイトルにふさわしい気がします。

 

代償(ドラマ)のレンタルやDVDは?

『代償』は、Huluオリジナル限定ドラマだけあって、レンタルやDVDはありません。

 

視聴するには、Huluに加入するしかなさそうです。
2週間は、無料なので、その期間内で見てしまえば、タダで見られます。

以上です。

 

力の入ったオリジナルドラマでした。

 

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。