幸福の科学の出家とは?清水富美加の今後について!

02.132017

この記事は2分で読めます

平成29年2月12日、女優の清水富美加が直筆のメッセージを発信し、芸能界を引退して出家し、宗教団体「幸福の科学」の活動に専念することを発表しました。

 

映画の公開やCMを抱える中での、突然の引退発表に、大混乱となっています。

 

疑問に思うのは、幸福の科学への出家がどういうものなのかということです。

 

幸福の科学への出家がどういうものなのか、清水富美加の今後について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

幸福の科学の出家とは?

出家というと、すべてを捨てて、宗教団体の施設に住み込んで、修行をするというイメージがあります。

 

しかし、幸福の科学における出家とは、そうではないそうです。

 

幸福の科学における出家とは、人に教えを説いたり、瞑想や祈願を指導する立場になることだそうです。

 

立場は、教団の職員になるということです。

 

希望すれば、誰でもなれるというものではなく、教祖の大川隆法氏に選ばれた信者だけが行える特別なものだとういことです。

 

全世界の信者1200万人のうち、出家しているのは約2000人だけ。

 

信者の6000人に1人という特別な立場を与えられたということです。

 

信者からすると、非常に魅力的なんでしょうね。

 

要するに、清水富美加は、幸福の科学の指導者のひとりになるということですね。
スポンサーリンク



清水富美加の今後は?

清水富美加は、ドクターストップで半年間、仕事を休む必要があると診断されているということで、しばらく休養した後、「出家修行」をして、宗教家としての仕事を始めるそうです。

 

教団は引退ではないと言っています。

 

清水富美加は、所属事務所のレプロエンタテインメントとの契約が平成29年5月まで残っていて、違約金が発生する可能性が高くなっていますが、幸福の科学は、負担する用意があると言っているそうです。

 

違約金は巨額になることも噂され、幸福の科学にそれを支払うメリットはあるのでしょうか?

 

まず、教団が制作する映画への出演。

 

教団内には、広報の役割を担う芸能事務所「ニュースター・プロダクション」があります。

 

これまでに映画10作を公開、平成27年からは毎年1作を発表しています。

 

清水富美加の出演について、広報担当者は、

「可能性はあり得る」

と、回答しています。

 

次に、選挙について。

 

幸福実現党から出馬するかについては、教団が会見で、

「ありません」

と、否定しています。

 

しかし、教祖の大川隆法氏は政界進出が悲願だと言われています。

 

選挙で、幸福実現党の広告塔として活動する可能性は高いと思われます。

 

幸福の科学は、違約金を負担しても、メリットがそれを上回ると考えているのではないでしょうか?

 

以上です。

 

清水富美加の突然の出家には、まだまだ謎が残りますね。

 

関連記事

レプロエンタテインメントの闇とは?清水富美加や能年玲奈の待遇について!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。