広瀬菜摘(はらぺ娘)のモデルは安丸千加!彼氏は?ロケ地や感想も!

02.182017

この記事は2分で読めます

 

harapeko

平成29年2月18日、NHKでドラマ『はらぺ娘』が再放送されます。

 

最近、農業ブームが来ているので、その意味で気になってしまうドラマですね。

 

「はらぺ娘」とは、平成25年12月に誕生した北海道の女性農業後継者たちによる実在のネットワークです。

 

実在するとなると、ドラマの登場人物がどういう方なのか気になりますね。

 

主人公・広瀬菜摘のモデルやドラマのロケ地について、調べました。

 

スポンサーリンク

 

広瀬菜摘(はらぺ娘)のモデルは安丸千加!彼氏は?

主人公・前田亜季演じる広瀬菜摘のモデルとなっているのが、「はらぺ娘」の代表を務める安丸千加さんです。

 

yasumaru

 

名前:安丸千加(やすまる ちか)
生年月日:1986年
出身:上富良野町
大学:北海道立農業大学校

 

北海道立農業大学校を卒業後に、メロン農家である実家で就農。

 

2012年に女性農業後継者を中心とした「ふら農嬢(ふらのっこ)」を立ち上げ。

その後「はらぺ娘」の設立し、代表となりました。

 

農業は、まだまだ男性社会。

北海道の農業は規模が大きく、大型機械の操作など危険を伴うため、男性が主役となってきたそうです。

 

そこで、農家を継ごうという女性が助け合うために、「はらぺ娘」を設立したそうです。

 

「はらぺ娘」の活動内容は、農業技術や経営の習得、農産物の料理・加工の研究、婚活などが活動内容だそうです。

 

ドラマの中でも、婚活がクローズアップされていたので、彼氏や結婚が気になるところですが、その情報は見つかりませんでした。

 

一般人ですから、そこまで公開することはないかもしれません。
スポンサーリンク



はらぺ娘(ドラマ)のロケ地や感想は?

『はらぺ娘』のロケ地は、モデルの安丸千加が農場経営する上富良野町です。

 

安丸千加さんが、運営する直売所もロケ地になっています。

 

ちなみに、安丸千加さんは直売所を運営するために、様々な変わり野菜を研究して、調理方法なども調べ上げることで、農家としての自信がついたそうです。

 

ドラマを実際に観た感想は、女性農家の現実が分かるという意味で面白いドラマでした。

 

実話を基にしているということで、リアリティがありますね。

 

ただ、ドラマとしては、詰め込み過ぎという感じもしました。

 

1時間で主要なキャストの3人を描くには、時間が足りない気がしました。

 

1時間でやるなら、主人公一人をクローズアップするか、3人描くならば、2時間あったほうが、良かったと思います。

 

以上です。

 

これから、農業への女性の進出もどんどん増えていくんでしょうね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。