浅野忠信の声ガラガラでかすれてるのは病気?聞き取りにくいし変!

02.192017

この記事は2分で読めます

木村拓哉主演で話題のドラマ『a Life~愛しき人~(アライフ)』で、話題になっているのが、浅野忠信の声がガラガラでかすれてるのは、聞き取りにくいし、変だという意見です。

 

病気でないかという噂まで出ています。

 

浅野忠信は演技派の俳優として知られていましたが、ドラマ『a Life~愛しき人~(アライフ)』では、明らかに演技に違和感がありますし、声もおかしいので、病気だという噂が出るのも頷けます。

 

浅野忠信の声がガラガラでかすれてるのは病気なのか、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

浅野忠信の声ガラガラでかすれてるのは病気?聞き取りにくいし変!

まず、浅野忠信の声は病気ではなく、もともとガラタラでかすれているという意見です。

 

新宿スワン2の完成披露イベントでの浅野忠信の声です。

6:50くらいから、浅野忠信が話始めます。

たしかに、ガラタラでかすれています。

 

それでも、ドラマ『a Life~愛しき人~(アライフ)』の中では、さらに、ガラガラでかすれていて、聞き取りにくいという印象があります。

 

そこには、2つの可能性が考えられます。

 

ます、役作りとして、やっている可能性。

 

浅野忠信が演じる、病院副院長檀上壮大(まさお)は複雑な役柄です。

 

悪役にして繊細。

 

菜々緒と不倫しているのに、妻・竹内結子をすごく大事に思っている。

 

矛盾しているキャラクターです。

 

そんな、難しい役を演じるため、影があって、不気味さや凄みをだすために、このような声にしているのではないかという意見です。

 

浅野忠信は、

「自分の映画に出てもらいたい」

と、国内外の監督からオファーが殺到する俳優ですから、素人目には、違和感や聞き取りにくさしか感じなくても、深い思惑があって、このような声にしているのかもしれません。

 

もうひとつは、本当に病気という可能性。

 

浅野忠信も忙しい身ですから、病気になるという可能性も捨てきれません。

あり得る話です。

 

しかし、本当に重い病気なら、ドラマを降板するでしょうし、そんなことはないのではないかなというのが、個人的な意見です。

 

実際、違和感や聞き取りにくさはあっても、そこまで病的な感じはしません。

 

以上です。

 

浅野忠信が、このような声になっている本当の理由は分かりません。

 

ドラマ『a Life~愛しき人~(アライフ)』での、浅野忠信の演技がどうなっていくのか、注目ですね。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。