『言の葉の庭』のその後は?小説での再会や結末、ラストは?

03.032017

この記事は2分で読めます

平成29年3月4日、新海誠監督の5作目の作品『言の葉の庭』が地上波で放送されます。

 

風景描写の緻密さ、美しさが遺憾なく発揮された「新海ワールド」全開の作品ですね。

 

個人的には、新海誠作品の中でも、好きな作品です。

 

しかし、クオリティーは高い作品ですが、46分の短い作品だけあって、なんとなく食い足りない感じも残ります。

 

実は、『言の葉の庭』には、新海誠自身が書いた小説があります。

 

小説も書けるなんて、すごい才能ですね。

 

小説では、映画の内容に加えて、その後のストーリーがあります。

 

『言の葉の庭』のその後の小説での再会や結末、ラストについて調べました。

 

スポンサーリンク

 

『言の葉の庭』のその後は?小説での再会は?

映画では、ラストでユキノのための靴が完成します。

 

しかし、小説では、タカオは靴を母の怜美に見せて、ヒールの付き方が左右非対称、革のシワ、中底の芯が柔らかすぎるなど、ダメ出しを受けます。

 

考えてみれば、素人が作った靴だから当然ですね。

 

タカオはやはり、独学ではダメだと思い、高校卒業と同時に、イタリアのフィレンツェに留学をします。

 

タカオとユキノは、最初は手紙で、その後Eメールで、2カ月に1回位のペースでやりとりします。

 

ただ、恋人がいるとかいないとかの話はお互いにふれませんでした。

 

らしいですね。

 

4年半後にふたりは再会します。

 

再会の場所は、あの庭園です。
スポンサーリンク



『言の葉の庭』のその後は?小説での結末やラストは?

再会の日も雨が降っていました。

 

タカオは、ユキノのために作った5㎝程のヒールのパンプスを持ってきていました。

 

タカオが庭園に着くと、淡い緑色のスカートをはいた女性がいます。

 

ユキノでした。

 

緊張した表情のユキノの顔が笑顔に変わります。

 

ここで、小説は終わりを迎えます。

 

映画も続きが気になりますが、小説も続きが気になる終わり方です。

 

さらなる続編を期待してしまいます。

 

以上です。
『言の葉の庭』を観ると、新海誠の他の作品も観たくなります。

 

huluでは、『ほしのこえ』、『雲のむこう、約束の場所』、『秒速5センチメートル』などが配信されています。

 

2週間は、無料なので、その期間内で見てしまえば、タダで見られます。

 

新海誠監督、これからますます活躍してくれそうですね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。