WBCバレンティンはなぜオランダ?国籍はどこ?2017年の打順は4番!

03.122017

この記事は2分で読めます

第4回WBCが2017年3月6日に開幕しました。

 

侍ジャパン・日本代表が無事2次ラウンドに進出しました。

 

2次ラウンド初戦の相手がオランダです。

 

オランダは、野球がそんなに盛んではないヨーロッパのチームなので、強くないかと思いきや、メジャーで20本以上のホームランを打った選手が3人いて、さらにバレンティンもいるという強力打線です。

 

しかし、バレンティンがオランダ人というのは、意外ですね。

 

バンデンハークは、見た目的に白人なので、オランダ人というのは納得なんですが、バレンティンは意外です。

 

実は、それには訳がありました。

 

WBCバレンティンはなぜオランダ代表なのか?

国籍はどこなのか?

バレンティンが強力メンバーの中で4番の理由。

 

調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

WBCバレンティンはなぜオランダ?国籍はどこ?

WBCバレンティンはなぜオランダ代表なのでしょうか?

 

バレンティンの出身は、カリブ海のオランダ領キュラソーです。

 

カリブ海の島です。

 

ベネズエラの北約60kmにあります。

 

カリブ海の島は野球が盛んで、ドミニカとかプエルトリコとかキューバもそうです。

 

オランダ領キュラソーも同じというわけですね。

 

バレンティンのほかには、楽天にいたジョーンズもオランダ領キュラソー出身です。

 

数々のメジャーリーガーを輩出しています。

 

バレンティンは、オランダ領キュラソーの出身なので、オランダ国籍で、オランダ代表になるというわけです。
スポンサーリンク



WBCバレンティンの2017年の打順は4番!

オランダ代表が強いわけは、オランダ領キュラソー出身の選手で、メジャーで活躍している選手が中心になっているからというわけです。

 

メジャーで20本以上のホームランを打った選手が3人もいます。

 

ジョナサン・スコープ

.267 25本 82打点 1盗塁 OPS.752

 

ザンダー・ボガーツ

.294 21本 89打点 13盗塁 OPS.802

 

ディディ・グレゴリウス

.276 20本 70打点 7盗塁 OPS.751

 

これは、かなり強力ですね。

 

それでも、バレンティンのオランダ代表での打順は4番です。

 

その理由を考えてみると、

 

・上記の選手たちの年齢がまだ若く、経験が多くはないこと。

・日本でシーズン最多本塁打記録を持つバレンティンの存在感が大きいこと。

・長打力には、バレンティンに一日の長があること。

 

などの理由ではないでしょうか?

 

以上です。

 

果たして、バレンティン率いるオランダ代表の強力打線を侍ジャパンの投手陣が抑え込むことができるのか、注目ですね。

 

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。