炎の経営者(ドラマ)谷田部泰三のモデルは日本触媒・八谷泰造!

03.192017

この記事は2分で読めます

2017年3月19日、ドラマ『炎の経営者』が放送されます。

 

『金融腐蝕列島』などで有名な高杉良の実話を元にした同名小説をドラマ化したものです。

 

戦後の経済発展を象徴する熱い経営者の話です。

 

ドラマ『炎の経営者』のモデルの人物や企業名について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

炎の経営者(ドラマ)谷田部泰三のモデルは日本触媒・八谷泰造!

伊原剛志演じるドラマ『炎の経営者』の主人公・谷田部泰三のモデルは日本触媒の創業者・八谷泰造(やたがい たいぞう)です。

 

八谷泰造は、1906年12月14日、広島県比婆郡山内東村(現・庄原市)生まれ。

 

三次中学(現三次高等学校)、大阪帝国大学工学部卒業。

働きながら苦学しての卒業です。

 

1941年、大阪で「ヲサメ合成化学工業株式会社」を設立。

ドラマの「オキタ合成化学工業」のモデル企業名ですね。

 

軍需工場に指定され業績を伸ばしましたが、工場爆破事故なども起こしました。

 

1945年、39歳で召集され、少年のような古参兵に顔の形が変わるほど殴られるような経験もしています。

 

スポンサーリンク




戦後、GHQに化学物質の製造を禁止されていましたが、1947年操業再開。
1949年4月、企業名を「日本触媒化学工業」に変更。

ドラマの「日触化学工業」のモデルですね。

現在の日本触媒です。

 

旧南満州鉄道の技術者を強引に入社させて、技術力を著しく向上させます。

ドラマの神崎三郎(内田滋)、佐久間滋(六角慎司)がモデルですね。

 

しかし、研究室などの投資で資金繰りが悪化。

富士製鐵(現・新日本製鐵)の社長・永野重雄に出資を依頼。

富士製鐵(現・新日本製鐵)は、ドラマの大和製鉄のモデルです。

永野重雄は、ドラマの永田重男(柴俊夫)のモデルです。

 

1950年11月に、1,000万円の出資を取り付けました。

 

1950年代半ばから石油化学工業が勃興期を迎え、各地でコンビナートの建設に着手しました。

当時、外国から技術を導入するのが当然でしたが、八谷泰造は国産技術にこだわりました。

国産技術を売りに、無名の企業ながら、川崎市長などに得意の直談判をして、大規模払い下げ用地の確保に成功したり、日本開発銀行から巨額の融資引き出しに成功したりして、大工場を川崎市に建設します。

日本触媒を町工場から世界のリーディングカンパニーに育て上げます。

 

1966年頃から糖尿病を病み、1970年、社長室で倒れ亡くなりました。

 

以上です。

 

理想を持って、熱く生きた人生を見習わないといけませんね。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。