『絆 走れ奇跡の子馬』の実際は?実物馬はキズナ?実話でネタ元はあるのか?

03.232017

この記事は2分で読めます

2017年3月23日、24日の2夜連続で、NHKドラマ『絆 走れ奇跡の子馬』が放送されます。

 

福島県の南相馬を舞台に、東日本大震災で傷ついた家族が、困難と戦いながら、震災の日に生まれた子馬を競走馬へと育てていくというストーリーです。

 

主演の役所広司が、

 

「価値ある仕事ができました。

実話をもとにしており、被災した人の気持ちを考えつつ、丁寧に仕事をしたつもりです」

 

と、語っており、どこまでが実話なのか気になるところです。

 

『絆 走れ奇跡の子馬』の実際のところを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

『絆 走れ奇跡の子馬』の実物馬はキズナ?実話でネタ元はあるのか?

『絆 走れ奇跡の子馬』は実話でネタ元はあるのでしょうか?

 

『絆 走れ奇跡の子馬』には、原作があります。

 

原作は競馬情報総合サイト『netkeiba.com』連載の同名競馬小説です。

 

原作者は、島田明宏。

 

書籍化もされています。

 

巻末に「本書はフィクションです」と書かれていますので、あくまで、実話ではなくフィクションです。

 

番組制作統括の浅野敦也氏は、「震災」や「馬」「自然」といったキーワードから探し出して、この原作にたどりついたそうです。

 

というわけで、実物馬もありません。

 

番組のタイトルから連想する競走馬の「キズナ」と関係があるのではないかという噂もあるようですが、実際のところ関係ありません。

 

福島で震災の日に生まれた子馬が競走馬になっていたら、ものすごい話題になっているはずで、そういう話も特にないので、実話ということはないですね。

 

では、役所広司の「実話をもとにしており」という言葉の実際のところはどうなのでしょうか?

 

嘘なのでしょうか?

 

スポンサーリンク



『絆 走れ奇跡の子馬』の実際は?

『絆 走れ奇跡の子馬』では、実際の南相馬の風物が取り入れられています。

 

例えば、相馬野馬追祭りです。

 

相馬野馬追祭りは、福島県南相馬市の雲雀ケ原祭場地を中心に開催されるお祭りです。

1000年以上続くお祭りだそうです。

 

そういった実際の風物が取り入れられています。

 

原作者の島田明宏によると、相馬や南相馬では、人と馬が一緒になって生活している。

そういう姿を取り入れたそうです。

 

そして、南相馬の大地で撮影されています。

 

東日本大震災から6年が経過していますが、様々な問題が報道されています。

 

問題は全く解決していません。

 

それこそが、現実で、実話というところなのではないでしょうか?

 

以上です。

 

ドラマ『絆 走れ奇跡の子馬』が楽しみであるとともに、東日本大震災について、再度考えるきっかけになりそうですね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。