『女の勲章』モデルは近藤年子!wikiやデザイナーブランド・トッシーをチェック!

04.142017

この記事は2分で読めます

2017年4月15日、4月16日、二夜連続スペシャルドラマとして、『女の勲章』が放送されます。

 

ファッション界を舞台にした、女の嫉妬がうずまく、ドロドロとした愛憎劇です。

 

こんなドロドロしたストーリーで、しかも綿密な取材をすることで定評のある山崎豊子が原作者となると、気にになるのが、『女の勲章』の主人公である松嶋菜々子演じる大庭式子のモデルです。

 

『女の勲章』のモデルは誰でしょうか?

 

大庭式子のモデルは、上田安子と近藤年子だと言われています。

 

上田安子については、コチラ

 

『女の勲章』の松嶋菜々子演じる大庭式子のモデルの近藤年子について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

『女の勲章』モデルは近藤年子!wikiやデザイナーブランド・トッシーをチェック!

近藤年子は大阪・船場生まれ。

 

大庭式子も大阪・船場生まれという設定ですね。

 

戦後、焼け残った自宅の2階で、近所の若い女性を集めて洋裁塾兼店舗を開きます。

 

占領軍兵士の婦人のドレス作って、デザイナーとして自立します。

 

ドラマの中で大庭式子も、空襲で亡くなった両親の遺産を基に小さな洋裁学校を開きます。

 

昭和25年、大阪市内でファッションブランド店「TOSSY(トッシー)」を設立します。

 

さらに、大阪・平野町にオーダー店、梅田新道にプレタポルテ店、阪神百貨店や東京・代官山にも出店するなど、関西中心に活躍しました。

 

60年間現役を務めて、90歳で引退しました。

 

驚異的な活動期間ですね。

 

現在もご存命です。

 

現在は、店はすべて、閉店しているそうです。

 

少し寂しいですね。

 

スポンサーリンク




近藤年子は、原作者の山崎豊子とも親交があったそうです。

 

まだ山崎豊子が毎日新聞の記者だったころに出会い、毎週のように仕事場で取材を受けていました。

 

服飾界の最新の動向や自分の生い立ちなどを語ったそうです。

 

「おとよさん」、「こんちゃん」と呼び合う仲でした。

 

山崎豊子が作家になってからも、交流は続きました。

 

しかし、『女の勲章』が発表されて、モデルだと騒がれるようになると、世間に小説のイメージをそのまま抱かれてしまい、近藤年子本人はまだしも、家族は複雑な思いを持ってしまったそうです。

 

あれだけ、ドロドロとした愛憎劇に仕立てられてしまうと、家族がそういう思いを抱くのも、理解できますね。

 

一般人ではちょっと耐えがたいものがあるでしょう。

 

山崎豊子の小説の影響力の強さが分かりますね。

 

以上です。

 

『女の勲章』のモデルについて知ると、もっとドラマが楽しめますね。

 

関連記事

『女の勲章』モデルは上田安子!

『女の勲章』のモデルの学校は?

『女の勲章』モデルはべっぴんさんと同じ?

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。