相武紗季が離婚できない!離婚必至の原因とそれができない事情!

04.152017

この記事は2分で読めます

相武紗季は、2016年5月3日に結婚しました。

 

夫は、化粧品等の企画・制作及び販売やイベント制作などの事業を手掛ける年商15億円といわれる会社「スカイグループ」の社長です。

 

相武紗季の5歳年上です。

 

誰もが祝福しました。

 

しかし、1カ月後には早くも離婚の噂がささやかれるようになります。

 

それでも、現在に至るまで離婚していません。

 

相武紗季が離婚必至の原因と、離婚ができない理由について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

相武紗季が離婚必至の原因とは?

相武紗季の夫はいわゆる青年実業家ですが、相武紗季と結婚して、有名になることによって、少しずつ黒い噂が聞こえてくるようになりました。

 

夫や夫の親族が反社会的勢力とつながりがあると報じられるようになります。

 

ただ、それは相武紗季も事前に知っていたようで、両親は結婚に猛反対したそうです。

 

テレビのスポンサーが嫌がって、女優活動に支障が出る可能性もありました。

 

それでも、相武紗季は結婚します。

 

しかし、そんな相武紗季に追い打ちをかけるような事件が起こります。

 

東京都心にある『ドン・キホーテ』の5店舗でスカイ・グループの商品に菜々緒、西内まりや、『山田優』の顔写真を使ったポップ広告が見つかりました。

 

それは、無許可で勝手に顔写真を使ったものでした。

 

女優を妻に持つ人間としては、あり得ない行為ですね。

 

それこそ、相武紗季の芸能活動に支障が出るおそれがあります。

 

それを、きっかけに別居しているという噂もあります。

 

しかし、現在でも離婚には至っていません。

 

その理由は、何ででしょうか?

 

スポンサーリンク



相武紗季が離婚できない!

相武紗季が離婚できない理由はどうしてでしょうか?

 

推測してみました。

 

①イメージの悪化

 

芸能人は離婚したというだけで、イメージが悪化してしまいます。

 

特に、相武紗季はさわやかなイメージで売っているので、1年ももたないで離婚となると、イメージの悪化は避けられません。

 

それは、女優業にもじわじわと響いてくる問題です。

 

それで、なかなか離婚に踏ん切りがつかないということがあるのではないでしょうか?

 

②結婚後の仕事の契約

 

結婚後のCMやイメージキャラクターは、結婚していることを前提に仕事が入ってきてしまいます。

 

基本的に、CM継続中の離婚は契約違反になり、離婚しての降板となると、莫大な違約金が発生します。

 

離婚するにしても、契約満了時などのタイミングを図る必要が出てきます。

 

相武紗季ほどの人気者になると、契約の切れ目がなかなかなくて、タイミングは非常に難しくなります。

 

田中律子や有賀さつきなども仮面夫婦だったことをテレビで告白しています。

 

大金が動くだけに非常に難しい問題ですね。

 

③夫の反対

 

夫が離婚に反対している可能性もあります。

 

例えば、米倉涼子は結婚1日で別居したと報道されています。

 

しかし、夫はなかなか離婚に同意せず、離婚するまでに2年かかっています。

 

離婚は相手の同意がないと意外と難しく、離婚まで長引いてしまうこと少なくありません。

 

以上です。

 

相武紗季が今後どういう選択をしていくのか、気になってしまうところですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。