中川俊直の嫁は伯和の韓国人?家族(父・母)もチェック!

04.182017

この記事は2分で読めます

2017年4月19日発売の週間新潮に、中川俊直の女性スキャンダルが掲載されるということで、経済産業大臣政務官を辞任しました。

 

「重婚ウェディングまでした愛人と揉めた」

「現職議員が警察からストーカー登録されてしまった」

といったものになるそうです。

 

衝撃的ですね。

 

嫁さんはショックでしょう。

 

中川俊直の嫁と家族(父・母)について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

中川俊直の家族(父・母)は?

中川俊直は、1970年4月25日生まれ。

広島県東広島市出身。

 

父は、中川秀直。

 

森内閣で官房長官、第一次安倍内閣で幹事長を務めた自民党の大物議員です。

 

ただ、父も写真週刊誌等に、愛人と一緒に撮影した写真やビデオが掲載されて、官房長官を辞任に追い込まれるということがありました。

 

母は、佳津子。

 

母の父、つまり祖父の中川俊思がもともと衆議院議員です。

当選8回です。

 

その中川家に父が婿入りしたというわけです。

 

ちなみに、父と母の出会いは、高校三年生のときに通っていた予備校で教室が一緒だったことで知り合い、大学で再会したことで、付き合うようになったということです。父・秀直は慶応大学法学部卒です。

 

中川俊直のプロフィール!

日本大学鶴ヶ丘高等学校、日本大学文理学部社会学科卒業。テレビ東京に入社。

 

2001年のテレビ東京退社。

 

その後は、父・秀直の公設・私設秘書を13年間勤める。

 

父・秀直は、

「私には息子が2人いるが、自分の選挙区(衆院広島4区)を継がせるつもりはまったくない」

と語っており、俊直自身も、

「父の選挙区から立候補しません」

と、世襲放棄宣言していました。

 

しかし、2012年、結局、自民党の公募に応募し父の選挙区を引きぐ形で広島4区から出馬。

 

このあたりは、いかがなものかと思ってしまいますね。

 

現在、当選2回です。

 

スポンサーリンク



中川俊直の嫁は伯和の韓国人?

中川俊直の嫁は、中川悦子です。

 

今回の報道と辞任で、一番心を痛めている人でしょう。

 

悦子夫人は、中川俊直が高校時代に所属していた陸上部のマネージャーだったそうです。

 

さて、中川俊直の嫁は伯和の韓国人ではないか、という噂がネット上に流れているようです。

 

伯和というのは、東広島の大企業で、パチンコがメインの会社で、在日系の会社です。

 

東広島が中川俊直の地盤で、さらに中川俊直はパチンコチェーンストア協会の政治分野アドバイザーをしているので、そのような噂が流れたのかもしれません。

 

さらに、父・秀直がセンター試験に韓国語の導入したり、在日韓国人にパーティー券を売らせるといったことがあったので、そういう噂に拍車がかかってしまっているということもあるかもしれません。

 

しかし、悦子夫人は純粋な日本人のようです。

 

以上です。

 

悦子夫人は今回の事件に心を痛めていることでしょうね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • オモニ
    • 2017.07.31

    イ・ビョンホンのパーティーに中川俊直が出た。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。