藤枝亮一(大間マグロ漁師)の妻や家族は?年収や経歴もチェック!

04.282017

この記事は2分で読めます

2017年4月28日、「ニッポン最強漁師!世界の海で頂上決戦!」に漁師の藤枝亮一さんが出演します。

 

アメリカ人の漁師と、クロマグロ1本釣り対決を行うという企画です。

 

藤枝亮一さんは、故松方弘樹さんと交流があり、二人でマグロの一本釣りもしたことある方です。

 

藤枝亮一さんについて、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

藤枝亮一(大間マグロ漁師)の年収や経歴は?

藤枝亮一さんは、「疑似餌の魔術師」という異名を持つほどのマグロの一本釣りの名人です。

 

2013年の時点で59歳という情報があるので、現在62、3歳だと思います。

 

さぞかし大ベテランかと思いきや、マグロ漁のキャリアは47歳ころから始めたそうで、それまでは、マグロの仲買人をしていたそうです。

 

ある日、港に近い自宅からマグロが海面を跳ねているのが見えたので、小舟で沖に出て釣り糸を垂らしたところ、たまたまマグロが釣れたのが、マグロ漁に「病みつき」になるきっかけだったそうです。

 

それから、潮の読み方、エサのとり方、仕掛け作り方など、他の漁師から盗むよう覚えていったそうです。

 

特に疑似餌の作り方は絶対に秘密にするそうですね。

 

さて、マグロの一本釣りの名人芸を持つ藤枝亮一さんの年収が気になるところです。

 

特に、大間のマグロは初競りで1億5540万円をつけたこともあるので、ますます気になってしまうところです。

 

藤枝さんによると、マグロ漁は、「一獲千金」。

 

短時間で数百万円のもうけになることもあるそうです。

 

大物をあげればキロ当たり数万円の高値がつくこともあり、藤枝さんがこれまで釣り上げた最大のマグロは280キロだそうです。

 

いくらで売れたかは「内緒」だそうです。

 

ただ、現実は厳しく、収入は不安定で、マグロ漁だけで生計を立てる漁師は少ないそうです。

 

調べたところ、マグロ漁師の年収は高い人だと2,000万円くらいいく人もいるそうで、もしかしたら藤枝亮一さんもそれくらいあるかもしれません。
スポンサーリンク




 

藤枝亮一(大間マグロ漁師)の妻や家族は?

藤枝亮一さんは一般人なので、詳しい家族の情報はありませんでしたが、奥さんと映っている画像はありました。

 

huzieda

 

仲が良さそうですね。

 

きっと、円満な家庭なのではないでしょうか?

 

年齢はちょうど一回り違うそうです。

 

また、息子がいるそうです。

 

ただ、マグロ漁師を継がせたくないそうです。

 

やはり、危険が多く、収入も不安定な仕事だからではないでしょうか?

 

以上です。

 

藤枝亮一さんがテレビでどんな大物を釣り上げてくれるのか、楽しみですね。

 

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。