カイルメイナードの結婚や家族は?現在や本(著書)『言い訳しない』の内容もチェック!

05.042017

この記事は3分で読めます

2017年5月4日、『奇跡体験アンビリバボー』にカイル・メイナードが登場します。

 

カイル・メイナードは、「先天性四肢欠損」という障害を持って生まれました。

両腕の肘から先、両脚の膝から下が生まれつきないのです。

 

乙武洋匡と同じですね。

 

そんな障害を持ちながら、カイル・メイナードは様々なチャレンジをします。

 

挑戦者という言葉が彼ほど似合う人もいないですね。

 

カイルメイナードの結婚や家族、著書についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

カイルメイナードのプロフィールや経歴は?

名前:カイル・メイナード(Kyle Maynard)

生年月日:1986年3月24日

星座:おひつじ座

年齢:31歳

出身地:アメリカ・ワシントン

学歴:ジョージア大学

職業:モチベーションスピーカー、作家、ジムオーナー

 

カイル・メイナードは生まれつき、「先天性四肢欠損」という障害を持っていました。

 

しかし、そんなことにめげない少年でした。

 

周囲の友達の輪の中に積極的に入り、周囲の友達と同じように遊んでいました。

 

小さい頃は、アメリカン・フットボールに挑戦。

 

さらに、11歳からレスリングに挑戦します。

 

高校1、2年時のレスリングマッチでは、ほぼ全敗。

36連敗したそうです。

 

しかし、ついに初勝利を手にします。

その時、勝負の決め手は、自分に自信があるかどうかで、相手は関係ないってことに気づいたそうです。

 

そして、その後に、なんと、ジョージア州の高校チャンピオンになります。

全米高校生リーグで12位にまで躍進。

2004年の ベストアスリート賞を受賞。

通算35勝をあげました。

 

さらに、ウェイトリフティングで、109キロの負荷で23回のベンチプレスに成功し、10代トップ記録を築きます。

 

とんでもない人ですね。

 

さらに、ジョージア大学進学後は、総合格闘技に挑戦します。

 

2005年には、そんな経験をもとに、自叙伝『NO EXCUSE』(言い訳しない)を出版し、全米ベストセラーとなります。

 

すると、講演の依頼が殺到し、大学生でありながら、全米を飛び回る生活となります。

多額の報酬も得るようになりますが、悩みを抱えるようになります。

 

そして、

「何もかもやめよう」

と、思ったときにある出会いがあります。

 

それは、退役軍人との出会いでした。

 

その人は、イラク戦争で怪我を負い、1年間の厳しいリハビリを受ける必要がありました。

絶望の中で自殺さえも考えましたが、テレビでカイル・メイナードを観て、人生を立て直すことを決心したそうです。

 

その話を聞いて、人生に目標を持つことを示せれば、自殺という道を選ばなくてすむと考えて、キリマンジャロ挑戦を決意。

 

2012年のことでした。

 

健常者でも、きついですが、1日900mずつ、12時間以上かけて登り続け、8日間で登頂します。

 

まさに、挑戦者ですね。

 
スポンサーリンク



カイルメイナードの現在は?

カイル・メイナードは、現在、講演活動を中心になっているそうです。

 

モチベーションスピーカーと名乗っていて、失われた自己重要感ややる気などを回復させることを目的としているそうです。

 

「No Excuses クロスフィットジム」というジムの経営もしています。

 

2016年には、ナイキのCMに出演したりもしています。

カイル・メイナードが、2017年7月15日に来日するそうなので、これは楽しみですね。

 

カイルメイナードの結婚や家族は?

カイル・メイナードの家族はどんな人なんでしょうか?

 

障害がありながら、こんな前向きに育つ人に、親が小さい頃に、どんな教育をしたか気になりますよね。

 

カイル・メイナードの父親は、

 

「失敗はかっこいい」
「不可能はない」
「決してあきらめるな」

と教えていたそうです。

 

そういう教育をしていたから、あのような挑戦者が誕生したんですね。

 

ちなみに、カイル・メイナードは現在、結婚していないようです。

 

結婚して、新しい家庭を気づくというのも、新しい挑戦になるかもしれませんね。

 

カイルメイナードの本(著書)『言い訳しない』の内容は?

カイル・メイナードは、2005年に、著書『NO EXCUSE』(言い訳しない)を出版し、全米ベストセラーになりました。

内容は、自叙伝で、障害を持ちながら挑戦を続ける自身の経験と哲学を語ったものだそうです。

 

翻訳が出版されていないので、ぜひ、翻訳を出版して欲しいですね。

 

以上です。

 

カイル・メイナードの挑戦者としての生き方に感化されて、いろんなことに挑戦したくなりました。

 

小さなことで、悩んでいるのが、バカバカしくなってきます。

 

カイル・メイナードを見習って、前向きに生きていきたいですね。

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。