アニー(映画2014)子役キャストは?現在もチェック!

05.052017

この記事は2分で読めます

2017年5月5日、金曜ロードショーで映画『ANNIE/アニー』(2014年版)が地上波初放送となります。

 

アニーは1977年初演のブロードウェイ・ミュージカル。

現在も世界中で公演されている名作ミュージカルです。

 

1982年に映画化され、再び2014年に映画化されたのが、この作品です。

 

アニーと言えば気になるのが、主役の子役キャストです。

 

2014年版の映画では、クワベンジャネ・ウォレスが主演です。

 

クワベンジャネ・ウォレスについて、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

アニー(映画2014)子役キャストは、クワベンジャネ・ウォレス!

アニー(映画2014)子役キャストは、クワベンジャネ・ウォレスです。

 

クワベンジャネ・ウォレスは、天才子役と言われています。

 

クワベンジャネ・ウォレスは、2003年8月28日、ルイジアナ州ホーマで教師の母親とトラックの運転手の父親のあいだに生まれました。

 

5歳の時に、『ハッシュパピー~バスタブ島の少女~』のオーディションを受け、4000人の候補者の中から、主役に選ばれます。

 

この作品で、ウォレスはアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

当時9歳の彼女はアカデミー賞史上最年少候補者です。

なんと、撮影時は6歳でした。

 

2013年公開の映画『それでも夜は明ける』に主人公の娘役で出演。

映画は、アカデミー賞作品賞、ゴールデングローブ賞作品賞などを受賞。

 

そして2014年、リメイク版『アニー』に起用されました。

 

天才としか言いようのない経歴ですね。

 

ちなみに、小学校は、地元のハンドゥラス小学校に通っていたそうです。

 

すごい人気者だったんでしょうね。

 

スポンサーリンク



アニー(映画2014)子役の現在は?

クワベンジャネ・ウォレスが、『アニー』出演後にどうなったのか、現在はどうしてるのか気になるところです。

 

調べてみました。

 

作品としては、2015年公開の映画『パパが遺した物語』に出演しています。

 

最近の画像とされるのが、コチラです。

 

wores

 

やはり、アニーのときと比べると、大人びましたね。

 

アニーのときは12歳、現在は17歳になっているはずです。

 

大女優への道を歩んでもらいたいものです。

 

以上です。

 

クワベンジャネ・ウォレスには、これからもいろいろな作品に出演してもらいところですね。

 

日本では、子役は大成しないなんて言われていますが、そんなことには、ならないで欲しいです。

 

 

スポンサーリンク


コメント

    • りり
    • 2017.07.18

    ウォレスちゃんは2003年生まれなので、まだ14歳ですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。