アンミカのスパイ話は嘘!北朝鮮の元カレで聖地セドナの目的は?

05.072017

この記事は2分で読めます

2017年5月6日、『しくじり先生』にアンミカが出演します。

 

「スパイに騙されてお金を奪われちゃった」過去を告白するそうです。

 

実は、この話はすでにいろんなところで話しています。

 

なぜ、そんなに話すかというと、そのスパイに命を狙われないための自衛策なんだそうです。

 

ちょっと怪しいですね。

 

それで、アンミカのスパイ話は嘘なのではないかという声が挙がっています。

 

アンミカのスパイ話は嘘なのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

アンミカのスパイ話は嘘!北朝鮮の元カレで聖地セドナの目的は?

アンミカは現在、ユダヤ人のセオドール・ミラーと結婚しています。

 

スパイは、その人ではなく、元カレだそうです。

 

元カレは、自称韓国人で貿易の仕事をしていると言っていたそうです。

 

元カレは、かなりの挙動不審だったそうです。

 

・写真に映りたがらなくて、映るときはつねに変顔

 

笑っちゃうような話ですね。

これから結婚詐欺しようとするわけですから、証拠は残したくないでしょう。

 

・後ろに立たれるのをものすごく嫌がる

 

ゴルゴ13みたいですね。

後ろに立たれるのが好きという人もいないでしょう。

 

・ホテルの部屋は必ず非常口の近く

 

心配性で災害の心配をしていただけかもしれません。

あとは、他にも結婚詐欺をしていて、警察に踏み込まれるのを恐れていたとも考えられますね。

 

・身分証明書の名前が違う

 

大金を騙し取ろうとしている人間に本名を明かさないですよね。

単なる結婚詐欺師ではあっても、スパイという証拠にはなりません。

 

スポンサーリンク



 

結婚を意識していたアンミカが、不審に思い身元調査をしたところ、身元不明という結果が出たそうです。

 

そこで、問い詰めたところ、たどたどしく話していた日本語が、突然流暢になり、
「さっきからガタガタうるさいんじゃぼけ!」

と、叫んでアンミカを突き飛ばして、消えたそうです。

 

後日、スパイ専門誌の人に相談したところ、

「聖地ツアーに誘われませんでしたか?」

と聞かれ、聖地セドナに誘われたことを思い出し、それを伝えると、スパイの人の手口として、調査時に関わった人間を聖地に誘い出して消してしまうそうです。

 

ちなみに、聖地セドナとは、ネイティブアメリカンの聖地だそうです。

 

北朝鮮のスパイだったんではないかと思ってしまうところですね。

 

それで、スパイに命を狙われないための自衛策として、この話を広めているということなんだそうです。

 

ただ、スパイ情報誌の人に相談している時点でそういう情報が出てきてしまうものだし、流暢な日本語になった時点で、単なる日本人の結婚詐欺師なんじゃないかと思います。

消そうとしたとしても、結婚詐欺で訴えられないようにするためではないでしょうか。

 

スパイにとって、アンミカは消そうとするほどの価値があったとは思えません。

 

しかも、結婚詐欺とスパイ活動という2つの目的を同時に行うというのは、ちょっと考えにくいような気がします。

スパイというのは、思い込みではないでしょうか?

 

以上です。

 

個人的には、スパイではなくただの結婚詐欺師ということで、説明がついてしまうような気がします。

 

真相は分かりようもありませんが、みなさんはどう考えるでしょうか?

 

関連記事

アンミカのすっぴんは顔でかいけど美肌で眉毛がきれい!その秘訣をさぐる!

スポンサーリンク


コメント

    • たーさん
    • 2017.05.08

    僕は作り話と思ってます。

    • 匿名
    • 2017.05.09

    アンミカって思い込み激しそうだから、この話は胡散臭い。

    • 匿名
    • 2017.05.15

    日本の結婚詐欺師にしては

    「この世に存在するが実体のない人の身分」をわざわざ使用した事と
    「韓国の劇団員を動員した偽装工作」を出来るコネと能力

    別番組での情報だけど
    「複数の偽造パスポート」の所持は

    単純な結婚詐欺にしては大掛かり過ぎやと思う。

    • 匿名
    • 2017.06.05

    両親が大阪出身で北朝鮮に帰国した二世のスパイらしいよ。今、モンゴルにいるらしいです。

    • 山本
    • 2017.09.07

    アンミカの話は作り話
    後からバレた時の為に結婚詐欺師かもに
    置き換えた作り話
    売れる為の作り話
    そして作り話で売れるのが日本のマスメディア

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。