文在寅(ムンジェイン)は反日!赤化統一で国交断絶!日韓合意も厳しいことに!

05.072017

この記事は3分で読めます

2017年5月9日に韓国大統領選挙が行われます。

 

文在寅(ムンジェイン)が大統領になることが、世論調査の結果から、ほぼ確実です。

 

そこで、文在寅(ムンジェイン)の対日政策について、調べてみました。

 

かなり、厳しいことになりそうです。

 

スポンサーリンク

 

文在寅(ムンジェイン)は反日!赤化統一で国交断絶!

大前提として分かっておかないといけないのは、基本的に韓国の政治家はみんな反日です。

 

国是が反日なので、仕方がありません。

 

程度の差があるというだけです。

 

ただ、それでも、その程度の差が重要という部分もあります。

 

朴槿恵(パク・クネ)はずいぶんひどかったと日本人としては思ってしまいますが、実はあれでもまだマシなほうです。

 

朴槿恵(パク・クネ)は保守派なので、一応日本との関係をなんとかしようという意志はありましたし、アメリカの圧力があったとはいえ、慰安婦の日韓合意もしました。

 

しかし、文在寅(ムンジェイン)は、ゴリゴリの左派で、日本にとっては悪夢のような盧武鉉(ノ・ムヒョン)の秘書室長を務めた元側近です。

 

文在寅(ムンジェイン)の基本理念は、反日、反米、新北朝鮮です。

従北という声もあるほどです。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)が展開した太陽政策などを考えれば、当然でしょう。

 

最近も、核問題解決後に、

「南北関係を経済協力と共同繁栄関係に大転換する自信がある」

と、コメントしています。

 

韓国内で北朝鮮への内通が疑われるほどですから、よほどのことでしょう。

赤化統一されるなんて噂があるほどです。

 

それでも、支持されいるというのが、恐ろしいところです。

 

文在寅(ムンジェイン)は、韓国内での清算すべき対象として、「親日勢力」を挙げています。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の「新日派財産没収法」を連想させる発言です。

実は「新日派財産没収法」は、文在寅(ムンジェイン)が中心になって、展開した政策です。

 

また、大物政治家としては、李明博大統領以来4年ぶりに竹島に上陸して、宿泊までしているので、大統領になったら竹島に行く可能性は高いです。

 

ただ基本的には、文在寅(ムンジェイン)の側近は、日本にまったく関心がなく、日本は捨ててもいいという考え方だそうです。

そういう意味では、大した政策はないのかもしれません。

 

ただ、日本をないがしろにする事態が増えて、無意味に不快にさせられることが増えそうですね。
スポンサーリンク



文在寅(ムンジェイン)は反日!日韓合意も厳しいことに!

たいした対日政策のなさそうな文在寅(ムンジェイン)が一番こだわりそうなのが、日韓合意。

 

公約にも、「慰安婦合意の再合意の必要性」という項目があります。

 

日韓合意は、反故にされる可能性がきわめて高いと言わざるを得ません。

 

2017年1月20日に問題となっていた釜山・日本総領事館前の慰安婦像を訪れたときに、

 

「日本の法的責任認定と公式謝罪がない」

 

「日韓合意の詳細について、韓国外交省が明らかにする必要がある」

 

などと、コメントしています。

 

日韓合意を非難して、再協議を求めました。

 

前政権で合意したものを、政権が変わったからといって、覆すことができないのは、当然なんですが、そういう理屈は通用しそうにありません。

 

日本人からすると、そんなことは許されるわけがないと思いますが、お構いなしです。

 

大使の召還がありましたが、またそういう事態が起こりそうです。

 

国交断絶なんてことにならなければよいのですが。

 

以上です。

 

日本人にとっては、不快な局面が増えそうな予感がします。

 

関連記事

北朝鮮政策:文在寅(ムンジェイン)は北朝鮮のスパイで回し者の理由!訪問してお伺いして支援か?

夫人と家族:文在寅(ムンジェイン)大統領夫人と画像は?子供や家族もチェック!

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。