山口敬之は安倍の犬で御用ジャーナリスト(記者)?北朝鮮報道の信憑性はでまかせ?

05.092017

この記事は2分で読めます

2017年5月10日発売の週刊新潮で、「安倍首相に最も近いジャーナリスト」として知られる山口敬之・元TBSワシントン支局長のスキャンダルが報じられます。

 

TBSと言えば、サンデーモーニングを観ていても分かるように、左寄りのテレビ局なので、こういうジャーナリストがいるのは、意外でした。

 

政権に遠い人ばかりになっても、取材に困るので、そういう人もちゃんといるんでしょうね。

 

ただ、反安倍派からの批判は以前から、そうとう多かったようです。

 

山口敬之について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

山口敬之は安倍の犬で御用ジャーナリスト(記者)?

山口敬之は、TBS官邸担当記者時代に、口の悪い人からは、NHKの岩田明子、産経の阿比留瑠比と並んで「安倍の太鼓もち番記者三羽ガラス」と呼ばれていたそうです。

 

著書や報道番組などで政権のウラ話をたびたび披露しています。

 

反安倍派からは、気持ちが悪いほどの安倍礼賛本と言われるのが、2016年6月発表の著書の『総理』です。

 

この本の出版を機にワイドショーに進出。

 

反安倍派から見ると、安倍総理のプロパガンダを流しているとみなされているようです。

 

さらに、山口敬之は、

「安倍首相と温泉に行った」

と、吹聴していることから、安倍の犬で御用ジャーナリストと批判されています。

 

実際、安倍総理との距離はかなり近いものがあるようです。
スポンサーリンク



山口敬之の北朝鮮報道の信憑性はでまかせ?

山口敬之は、安倍総理との距離が近いだけあって、北朝鮮には非常に批判的です。

 

ワイドショーに出演しては、

 

「森友問題にかまけている場合じゃない」

「VXガス搭載のミサイルが日本列島に撃ち込まれる」

 

と、北朝鮮危機を声高に主張しています。

 

そのせいかどうか分かりませんが、山口敬之のFacebookの投稿に、昭恵夫人が「いいね!」を押したなんて情報もあります。

 

さらに、

「北朝鮮危機は騒ぎすぎ」

という意見には、

「騒ぎすぎという奴は全員北朝鮮で毒饅頭を食らっている」

なんて、発言までしています。

 

北朝鮮危機は、楽観視できる問題ではありませんが、事実に基づいて発言すべきジャーナリストの言葉として、信憑性に疑問があり、でまかせではないかと思われても仕方がないようです。

 

以上です。

 

このスキャンダルが真実なのか、反安倍派に仕掛けられた陰謀なのか。

 

山口敬之は事実無根の陰謀だと主張しそうですね。

 

どういった展開となるのか、注目です。

 

関連記事

山口敬之の妻や子供(家族)は?経歴や大学・高校もチェック!

スポンサーリンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。